【数学Ⅰ】f(x) > g(x)となる範囲「すべての」「ある」の違いを理解しておこう!

高校数学Ⅰで学習する2次関数の単元から

「\(f(x)>g(x)\) の範囲の求め方」

について解説していきます。

 

この問題では、

「すべての実数 \(x\) について」

「ある実数 \(x\) について」

「すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して」

「ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して」

といった表現が出てきます。

これらの違いについて理解した上で、どのように問題を解いていけばよいのか考えていきましょう。

 

今回取り上げる問題はこちらです。

【問題】

区間 \(-2≦x≦2\) で2つの関数 \(f(x)=(x-1)^2\), \(g(x)=-2x^2-4x+a\) を考える。次の \(a\) の値の範囲を求めよ。


(1)すべての実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。


(2)ある実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。


(3)すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。


(4)ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。

 

問題(1)すべての実数\(x\) に対して

【問題】

区間 \(-2≦x≦2\) で2つの関数 \(f(x)=(x-1)^2\), \(g(x)=-2x^2-4x+a\) を考える。次の \(a\) の値の範囲を求めよ。


(1)すべての実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。

すべての実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立するというのは、

区間の中において、同じ \(x\) 座標のところを比べると \(f(x)\) の方が \(g(x)\) よりも上にあるということを意味します。

 

なので、ここでは \(f(x)-g(x)\) の関数を考え、

この関数の区間内においての最小値が正であれば、

\(f(x)\) が常に上にあるということが言えます。

 

したがって、

$$\begin{eqnarray}&&f(x)-g(x)\\[5pt]&=&(x-1)^2 -(-2x^2-4x+a)\\[5pt]&=&x^2-2x+1+2x^2+4x-a\\[5pt]&=&3x^2+2x+1-a\\[5pt]&=&3\left(x^2+\frac{2}{3}x\right)+1-a\\[5pt]&=&3\left(x+\frac{1}{3}\right)^2+\frac{2}{3}-a\end{eqnarray}$$

\(-2≦x≦2\) の区間において、最小値は \(\frac{2}{3}-a\) となる。

よって、

$$\begin{eqnarray}\frac{2}{3}+a&>&0 \\[5pt]a&>&-\frac{2}{3}\cdots(解)\end{eqnarray}$$

 

問題(2)ある実数 \(x\) に対して

【問題】

区間 \(-2≦x≦2\) で2つの関数 \(f(x)=(x-1)^2\), \(g(x)=-2x^2-4x+a\) を考える。次の \(a\) の値の範囲を求めよ。


(2)ある実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。

ある実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立するというのは、

区間の中において、同じ \(x\) 座標のところを比べたとき、1ヵ所でもいいから、\(f(x)\) が \(g(x)\) よりも大きくなっているところがあるということを表しています。

  • すべての実数 ⇒ 常に成り立つ。
  • ある実数 ⇒ そうなるような場所が1つでもあればよい。

このような違いになっています。

なので、ここでも \(f(x)-g(x)\) の関数を考え、

この関数の区間内においての最大値が正であれば、

\(f(x)\) が \(g(x)\) よりも上になっている部分があるということが言えます。

 

したがって、

$$\begin{eqnarray}&&f(x)-g(x)&=&3\left(x+\frac{1}{3}\right)^2+\frac{2}{3}-a\end{eqnarray}$$

\(-2≦x≦2\) の区間において、最大値は \(x=2\) のとき、\(17-a\) となる。

よって、

$$\begin{eqnarray}17-a&>&0 \\[5pt]a&<&17\cdots(解)\end{eqnarray}$$

 

問題(3)すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して

【問題】

区間 \(-2≦x≦2\) で2つの関数 \(f(x)=(x-1)^2\), \(g(x)=-2x^2-4x+a\) を考える。次の \(a\) の値の範囲を求めよ。


(3)すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。

すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立するというのは、

区間内のあらゆる座標を比べたとき、どこを比べたとしても\(f(x)\) が \(g(x)\) よりも上側にあるということを表しています。

(1)の問題では同じ \(x\) 座標のときで比べていましたが、

今回の問題では、同じ \(x\) 座標であるという縛りはありません。

 

となると、\(f(x)\) の最小値が \(g(x)\) の最大値よりも大きいならば、区間内のどこを比べても \(f(x)\) の方が上にあることになります。

 

というわけで、\(f(x)\) の最小値、\(g(x)\) の最大値をそれぞれ求めましょう。

\(f(x)=(x-1)^2\) であるから、\(x=1\) のとき最小値 \(0\)

\(g(x)=-2x^2-4x+a=-2(x+1)^2+2+a\) であるから、\(x=-1\) のとき最大値 \(2+a\)

 

したがって、

$$\begin{eqnarray}0&>&2+a\\[5pt]a&<&-2\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

問題(4)ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して

【問題】

区間 \(-2≦x≦2\) で2つの関数 \(f(x)=(x-1)^2\), \(g(x)=-2x^2-4x+a\) を考える。次の \(a\) の値の範囲を求めよ。


(4)ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。

ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立するというのは、

区間内のどこの座標を比べてもいいので、どこか1ヵ所でいいから \(f(x)\) の方が \(g(x)\) よりも上側になっていることを表しています。

これはちょっとイメージしずらいかもしれませんが(^^;)

上の画像のように、\(f(x)\) の最大値が \(g(x)\) の最小値よりも大きいならば、\(f(x)\) が上側になっている部分があるってことが言えます。

 

というわけで、\(f(x)\) の最大値、\(g(x)\) の最小値をそれぞれ求めましょう。

\(f(x)=(x-1)^2\) であるから、\(x=-2\) のとき最大値 \(9\)

\(g(x)=-2x^2-4x+a=-2(x+1)^2+2+a\) であるから、\(x=2\) のとき最小値 \(-16+a\)

 

したがって、

$$\begin{eqnarray}9&>&-16+a\\[5pt]a&<&25\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

まとめ!

お疲れ様でした!

最後にそれぞれの違いと考え方についてまとめておきましょう。

  • すべての実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。

⇒ \(f(x)-g(x)\) の最小値が正となる。

 

  • ある実数 \(x\) に対して \(f(x)>g(x)\) が成立する。

⇒ \(f(x)-g(x)\) の最大値が正となる。

 

  • すべての実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。

⇒ \(f(x)\) の最小値 \(>\) \(g(x)\) の最大値

 

  • ある実数 \(x_{1},x_{2}\) に対して \(f(x_{1})>g(x_{2})\) が成立する。

⇒ \(f(x)\) の最大値 \(>\) \(g(x)\) の最小値

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!


 
高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!
 
定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。
学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?
 
無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、
高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。
 
こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!

ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。
 
 
中学生メルマガ講座では、今回のプレゼントのほか
  • オリジナルの入試教材
  • 入試問題の詳しい解説データ
  • ZOOMを使った個別指導


などのプレゼント企画をやっております。
 
登録は1分もあれば完了します。
ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。