【2次方程式の解の存在範囲】判・軸・端の条件を見極めるのが重要!




高校数学Ⅰで学習する2次関数の単元から

「2次方程式の解の存在範囲」

について解説していきます。

 

  • 異なる2つの正の解をもつ。
  • 符号が異なる2つの解をもつ。
  • 1と2の間に異なる2つの解をもつ。

 

などなど。

このように解の存在範囲から定数 \(a\) の値の範囲を求めていく問題の解き方についてまとめていきます。

この問題を考える上で大事なポイントは、

2次関数のグラフとして考え、

「判別式」「軸」「区間の端点の\(y\)座標」

この3点に着目して、条件を作っていくことです。

 

これら3つのポイントを省略して「判・軸・端」と呼んで覚えておくと便利です。

では、パターンごとに問題の解き方を解説していきます。

2次方程式の解の存在範囲

【問題】

\(x\) についての2次方程式 \(x^2-2ax-a+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(1)異なる2つの正の解

(2)異なる2つの負の解

(3)符号が異なる2つの解


\(x\) についての2次方程式 \(-x^2+(m-10)x-m-14=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(m\) の値の範囲を求めよ。

(4)異なる2つの解がともに1より大きくなる。


\(x\) についての2次方程式 \(x^2+kx+2k-1=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(k\) の値の範囲を求めよ。

(5)異なる2つの解が \(-2\) と \(5\) の間にある。


\(x\) についての2次方程式 \(x^2+(a-1)x-a^2+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(6)1つの解が \(-2\) と \(0\) の間にあり,他の解が \(0\) と \(1\) の間にある。

これらの条件は丸暗記するのではなく、グラフのイメージ図をかいて自分で読み取れるようにしておきましょう。

(1)異なる2つの正の解

\(x\) についての2次方程式 \(x^2-2ax-a+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(1)異なる2つの正の解

まずは、異なる2つの正の解をもつような放物線のグラフをかいてみましょう。

区間の端点は \(x=0\) のところであり、「判・軸・端」の3つの条件が作れますね。

条件を作ることができたら、それぞれの条件から \(a\) の範囲を求め、最後に共通部分をとっていきましょう。

 

(2)異なる2つの負の解

\(x\) についての2次方程式 \(x^2-2ax-a+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(2)異なる2つの負の解

こちらもイメージ図をかいて考えていきます。

すると、次のような条件を作ることができます。

(1)とは、軸の正負が変わっただけですね。

 

よって、このように範囲を求めることができました。

(3)符号が異なる2つの解

\(x\) についての2次方程式 \(x^2-2ax-a+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(3)符号が異なる2つの解

区間の端点をはさみこむように解が存在する場合、これはラッキー問題となります!

通常であれば「判・軸・端」の3つの条件を考える必要があるのですが、今回のように端点をはさみこむ場合には「端」のみを考えればOKとなります。

(4)異なる2つの解がともに1より大きくなる。

\(x\) についての2次方程式 \(-x^2+(m-10)x-m-14=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(4)異なる2つの解がともに1より大きくなる。

こちらもイメージ図をかいて考えましょう。

今回は区間の端点が \(x=1\) となっていることを踏まえて、3つの条件を作っていきます。

(5)異なる2つの解が \(-2\) と \(5\) の間にある。

\(x\) についての2次方程式 \(x^2+kx+2k-1=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(k\) の値の範囲を求めよ。

(5)異なる2つの解が \(-2\) と \(5\) の間にある。

端点が\(-2\)、\(5\) のの2つあることに注意して3つの条件を作っていきましょう。

(6)1つの解が \(-2\) と \(0\) の間にあり,他の解が \(0\) と \(1\) の間にある。

\(x\) についての2次方程式 \(x^2+(a-1)x-a^2+2=0\) が次のような解をもつとき,定数 \(a\) の値の範囲を求めよ。

(6)1つの解が \(-2\) と \(0\) の間にあり,他の解が \(0\) と \(1\) の間にある。

2つの解が、どこの間にあるかを具体的に指定されている場合、次のように端点の符号から条件を作っていきましょう。

 

まとめ!

お疲れ様でした!

2次方程式の解の存在範囲は、入試でも頻出の問題です。

冒頭でも述べましたが、大事なポイントは「判・軸・端」です。

イメージ図のグラフをかいて、3つの条件をチェックしていくようにしましょう(/・ω・)/

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。