【平行四辺形の書き方】コンパスを使って作図する方法は?

コンパスを使って、平行四辺形を作図する方法について解説していきます。

下の図のように2つの辺がある状態から、平行四辺形を作図してみましょう!

【平行四辺形の書き方】コンパスを使って作図する方法は?

説明がしやすいように頂点にA,B,Cと名前をつけておきますね。

 

まずは、コンパスを辺BCの長さに合わせます。

その長さを取ったまま、点Aにコンパスの針を置き、円を書きます。

 

次に、コンパスを辺ABの長さに合わせます。

その長さを取ったまま、点Cにコンパスの針を置き、円を書きます。

 

すると、コンパスで作図した2つの円に交わるところができます。

これに対して、線を結んでいけば平行四辺形の完成です!

 

【平行四辺形の書き方】なぜ?

上の章では、平行四辺形の書き方の手順について解説しました。

やり方としては、とっても簡単でしたね!

だけど、なんでこんなやり方でできるの?と疑問に思った方もいるでしょう。

というわけで、簡単ではありますが平行四辺形の書き方のなぜ?について触れておきます。

 

まず、平行四辺形の性質を覚えておきましょう。

四角形は次の条件を満たすと、平行四辺形になります。

【平行四辺形になるための条件】

  • 2組の対辺がそれぞれ平行である。
  • 2組の対辺がそれぞれ等しい。
  • 2組の対角がそれぞれ等しい。
  • 対角線がそれぞれの中点で交わる。
  • 1組の対辺が平行でその長さがそれぞれ等しい。

この条件の中から、「2組の対辺がそれぞれ等しい」という条件を使って作図をしています。

まず、BCと同じ長さを半径に持つ円を書くことで

このように、点AからBCと同じ長さになる場所を調べることができます。

 

同じように、ABと同じ長さを半径に持つ円を書くことで

このように点CからABと同じ長さになる場所を調べることができます。

 

そして、それらが交わる場所

これが2組の対辺がそれぞれ等しくなる場所!というわけですね。

 

【平行四辺形の書き方】まとめ!

お疲れ様でした!

最後に手順をおさらいしておきましょう。

 

今回の平行四辺形の書き方は、のちに学習するであろう高校数学の作図にも役立ちます。

コンパスを使って平行線を作図する方法とは

なので、しっかりと覚えておきたいですね(^^)

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。