【中1作図】最短距離にするためにはどこを通る??

今回の記事では、中1で学習する作図の単元から

「最短距離の作図」

について解説していきます。

 

最短距離の作図とは、次のようなやつだね!

【作図問題】

直線\(l\)上にあり、\(AP+PB\)の長さが最小となるような点\(P\)を作図しなさい。

【中1作図】最短距離にするためには?作図手順を解説!

まずは点Aから直線\(l\)に対して、垂線を引きます。

点Aにコンパスの針を置き、直線\(l\)と交わる大きさの円を書きます。

その円と直線\(l\)が交わった2点にコンパスの針を置き、先ほどと同じ大きさの円を2つ書きます。

この2円が交わるところを点A’とし、点Aと線で結びます。

すると、このような線が引けます。

 

次に、この点A’と点Bを線で結びます。

このとき、A’Bと直線\(l\)が交わるところに点を取ります。

 

すると、この点が…

最短距離になる点なのだ!!

ということで作図完成です。

 

最短距離の作図手順
  1. 直線に対して垂線を引き、対称となる場所に点を取る
  2. ①でとった点と一方の点を直線で結ぶ
  3. ②の線と直線との交わるところに点をとる
  4. ③の点が最短距離だ!!

【中1作図】なぜ最短距離になるのか?

それでは、最短距離の作図手順は上で紹介した通りです。

そんなに難しい作業はありませんでしたね(^^)

 

だけど、なんでこのやり方で最短となる場所を見つけることができるのか…

それについては疑問が残るところです。

ということで、この理由について触れていきます。

 

折り返した直線の大きさ…と言われても

どれが最短になるのかなんて視覚的には分かりにくい。

なので、直線\(l\)に対して点Aと対称にあるところに点A’を取る。

すると、このように

$$AP+PB=A’P+PB$$

という関係になっていることに気が付ける。

 

ってことは…

\(AP+PB\) の最短を探すのは難しいから

同じ長さである \(A’P+PB\) の最短を探そう!

という発想になります。

 

すると、A’、P、Bが一直線上になるとき

\(A’P+PB\) は最短になるではないか!!

つまり、このとき\(AP+PB\) も最短だぞ!

ってな感じで考えていくことができるのです。

こちらの記事もどうぞ!

模試、入試に出てくる作図の応用ができるようになりたいなら

こちらの記事で演習にチャレンジだ!

⇒ 作図の入試演習

【中1作図】最短距離まとめ!

お疲れ様でした!

最短距離を作図するという発想は、初見ではちょっと難しい…

でも、1度解いたことのある人にとっては楽勝なはずだよ(^^)

なので、今回の記事で学んだことはしっかりと頭に入れておいてくださいね。

 

今回の問題以外にも、ちょっと形が変わって

直線\(l\)が斜めになっていたり

 

誰かが川に水を汲んで、家に届ける

というように場面設定されることもあるけど

基本的にはやり方は同じ!

慌てず基本通りに作図していってくださいね(^^)

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。