【中1作図】最短距離にするためにはどこを通る??

今回の記事では、中1で学習する作図の単元から

「最短距離の作図」

について解説していきます。

 

最短距離の作図とは、次のようなやつだね!

【作図問題】

直線\(l\)上にあり、\(AP+PB\)の長さが最小となるような点\(P\)を作図しなさい。

【中1作図】最短距離にするためには?作図手順を解説!

まずは点Aから直線\(l\)に対して、垂線を引きます。

点Aにコンパスの針を置き、直線\(l\)と交わる大きさの円を書きます。

その円と直線\(l\)が交わった2点にコンパスの針を置き、先ほどと同じ大きさの円を2つ書きます。

この2円が交わるところを点A’とし、点Aと線で結びます。

すると、このような線が引けます。

 

次に、この点A’と点Bを線で結びます。

このとき、A’Bと直線\(l\)が交わるところに点を取ります。

 

すると、この点が…

最短距離になる点なのだ!!

ということで作図完成です。

 

最短距離の作図手順
  1. 直線に対して垂線を引き、対称となる場所に点を取る
  2. ①でとった点と一方の点を直線で結ぶ
  3. ②の線と直線との交わるところに点をとる
  4. ③の点が最短距離だ!!

 

【中1作図】なぜ最短距離になるのか?

それでは、最短距離の作図手順は上で紹介した通りです。

そんなに難しい作業はありませんでしたね(^^)

 

だけど、なんでこのやり方で最短となる場所を見つけることができるのか…

それについては疑問が残るところです。

ということで、この理由について触れていきます。

 

折り返した直線の大きさ…と言われても

どれが最短になるのかなんて視覚的には分かりにくい。

なので、直線\(l\)に対して点Aと対称にあるところに点A’を取る。

すると、このように

$$AP+PB=A’P+PB$$

という関係になっていることに気が付ける。

 

ってことは…

\(AP+PB\) の最短を探すのは難しいから

同じ長さである \(A’P+PB\) の最短を探そう!

という発想になります。

 

すると、A’、P、Bが一直線上になるとき

\(A’P+PB\) は最短になるではないか!!

つまり、このとき\(AP+PB\) も最短だぞ!

ってな感じで考えていくことができるのです。

こちらの記事もどうぞ!

模試、入試に出てくる作図の応用ができるようになりたいなら

こちらの記事で演習にチャレンジだ!

⇒ 作図の入試演習

【中1作図】最短距離まとめ!

お疲れ様でした!

最短距離を作図するという発想は、初見ではちょっと難しい…

でも、1度解いたことのある人にとっては楽勝なはずだよ(^^)

なので、今回の記事で学んだことはしっかりと頭に入れておいてくださいね。

 

今回の問題以外にも、ちょっと形が変わって

直線\(l\)が斜めになっていたり

 

誰かが川に水を汲んで、家に届ける

というように場面設定されることもあるけど

基本的にはやり方は同じ!

慌てず基本通りに作図していってくださいね(^^)

 

 

成績を上げて、志望校合格を勝ち取りたい中3生の方!

数スタの無料メルマガ講座で合格を勝ち取りませんか?

中3受験生向け、メルマガ講座の内容

① 基礎力アップ!点をあげるための演習問題

② 文章題、図形、関数のニガテをなくすための特別講義

③ わからないを解決!質問対応サポート

④ オリジナル教材の配布など、様々な企画を実施!


今なら登録特典として、「高校入試で使える公式集」をプレゼントしています!

数スタのメルマガ講座を受講して、一緒に合格を勝ち取りましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。