数スタ運営部

中学生向けの英文法サイトを開設!

≫ 中学英語の文法まとめサイト!

【時間・分・秒を変換】計算式はどうやる?公式をご紹介!

今回の記事では、時間の単位を変換する計算式や公式についてご紹介します。

 

時間の単位変換ができるようになると

$$\Large{40秒=□分}$$

$$\Large{5.3分=□秒}$$

$$\Large{1時間20分=□時間}$$

こんな問題が簡単に解けるようになります(^^)

 

今回の記事はこちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

スポンサーリンク

時間の変換公式、計算式

 

時間の単位を変換するときには、上のような関係をしっかりとおさえておきましょう。

秒⇒分⇒時間 というように単位を上げていくときには\(\displaystyle{\times \frac{1}{60}}\)をします。

 

時間⇒分⇒秒 というように単位を下げていくときには\(\times 60\)をします。

 

 

時間⇒秒 というように分を飛ばして2段階の変換をしたいときには

\(\times 60\)を2回分だから、\(\times 3600\)と考えてやればOKです。

 

 

逆に秒から時間に変換したいときも同じ考え方です。

 

 

 

この公式を覚えておけば、簡単に時間単位の変換ができるようになります(^^)

 

でもね…公式の理解があいまいだと

あれ、60で掛けるんだっけ?割るんだっけ?

どっちだーーーーー!!

となってしまって、困ります(^^;)

 

そんなときに役に立ててほしいのがコレ

1分が60秒だということは、多くの人が頭に入っていることかと思います。

 

これを書き出してみてください。

そして、それぞれの数字を見比べるのです。

すると

分から秒に変換するときには、\(\times 60\)をすればいいんだ!

ということが読み取れるわけです。

 

逆も同じように読み取ることができますね。

 

 

このように

$$\LARGE{1分=60秒}$$

$$\LARGE{1時間=60分}$$

というような関係を覚えておけば、単位の変換公式は簡単に思い出すことができますね(^^)

 

それでは、時間の単位変換の問題に挑戦してみましょう。

 

スポンサーリンク

時間の単位変換に挑戦!

$$\Large{40秒=□分}$$

 

秒から分への変換は…

こうでしたね!

 

だから、計算式は

$$\Large{40\times \frac{1}{60}=\frac{2}{3}}$$

となります。

 

よって、答えは

$$\Large{40秒=\frac{2}{3}分}$$

 

 

$$\Large{5.3分=□秒}$$

 

分から秒への変換は…

こうでしたね!

 

よって、計算式は

$$\Large{5.3\times 60=318}$$

となります。

 

よって、答えは

$$\Large{5.3分=318秒}$$

 

 

$$\Large{1時間20分=□時間}$$

 

この問題ではまず、1時間20分を分で表してやりましょう。

1時間は60分だから、20分と合わせて80分になりますね。

そして、80分を時間に変換すれば良い!と考えていきます。

 

分から時間への変換は…

こうでしたね!

 

よって、計算式は

$$\Large{80\times \frac{1}{60}=\frac{4}{3}}$$

となります。

 

答えは

$$\Large{1時間20分=\frac{4}{3}時間}$$

 

応用問題に挑戦!

それでは、ちょっと難しい応用編にも挑戦してみましょう。

$$\Large{2.1時間=□秒}$$

 

時間から秒への変換は…

こうでしたね。

分を飛ばして二段階で変換していることをお忘れなく!

 

よって、計算式は

$$\Large{2.1\times 3600=7560}$$

となります。

 

以上より、答えは

$$\Large{2.1時間=7560秒}$$

 

 

$$\Large{1日=□秒}$$

 

ん?

1日って( ゚Д゚)

そんな公式知らんがな!!

 

ってなっちゃいそうですがw

落ち着いて考えていきましょう。

1日が24時間であることを考えると、変換は次のようになります。

 

つまり、計算式は

$$\Large{1\times 24\times 60\times 60=86400}$$

となります。

 

よって、答えは

$$\Large{1日=86400秒}$$

 

 

$$\Large{1年(365日)=□秒}$$

 

これも同じように考えていけば良いですね!

 

つまり、計算式は

$$\large{1\times 365 \times 24\times 60\times 60=31536000}$$

となります。

 

よって、答えは

$$\Large{1年(365日)=31536000秒}$$

 

時間の単位変換まとめ

お疲れ様でした!

時間の単位変換は次の公式を覚えておけばバッチリですね。

 

 

ただし、公式を忘れてしまった場合でも

このように書き出してやることで、計算式を発見することができます。

ちゃんと意味を理解していれば、丸暗記ということはありませんね(^^)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。