【作図】三角形の高さをコンパスを使ってかく問題を解説!

今回は中1で学習する作図の単元から

三角形の高さを作図する問題について解説していくよ!

 

三角形の高さを作図する問題というのは

こんなやつだね。

△ABCで、辺BCを底辺とし、高さAHとするときの点Hを作図しなさい。

 

高さを作図する問題では

上のような2パターンの三角形があるので

それぞれの高さのかき方について解説していきます。

 

今回の記事は、こちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

 

三角形の高さの作図方法とは

三角形の高さを作図するには

頂点から底辺に対して垂直な線を引けばよいですね!

 

 

それでは

どのように垂直な線を引けばよいのか説明していきます。

まずは最初の三角形から見ていきましょう。

 

まずは、高さのてっぺんとなる頂点Aにコンパスの針を置いて

辺BCと交わるくらいの半径を持つ円を作図します。

 

次に、先ほど作図した円と辺BCとの交点にコンパスの針を置いて

同じ半径を持つ円を2つ作図します。

 

それぞれの円の交点が作図できたら

その交点と頂点Aを線で結んでやります。

 

線を結んだときに、辺BCと交わる点が点Hとなります。

完成!!

 

 

それでは、もう一つの三角形についても説明していきます。

こちらの三角形では、頂点Aから辺BCに垂直な線を引こうとすると

あれ…辺BCが足りない!?

という状況になってしまいます。

 

そういう場合には事前に辺BCを延長してやりましょう。

 

それでは、辺BCを延長できたところで

高さの作図を始めていきましょう。

 

 

ただ、ここからはさっきの三角形と全く同じになるので

少し割愛しながら説明していきます(^^;

 

頂点Aにコンパスの針を置いて円を作図します。

 

そうすると

先ほど延長しておいた線が活躍するはずです。

円と交わった部分にコンパスの針を置いて

同じ半径を持つ円をそれぞれ作図します。

 

それぞれの円の交点が作図できたら

頂点Aと線を結んで、延長していた線と交わったところが点Hとなります。

 

完成!!

こちらの記事もどうぞ!

模試、入試に出てくる作図の応用ができるようになりたいなら

こちらの記事で演習にチャレンジだ!

⇒ 作図の入試演習

三角形の高さ 作図のポイントまとめ

お疲れ様でした!

三角形の高さの作図はすごくシンプルなモノでしたね。

 

最後に確認のため作図のポイントをまとめておきましょう。

 

高さの作図ポイント

  1. 頂点Aから辺BCに交わるような円を作図する
  2. 辺BCと円との交点から、同じ半径の円を2つ作図する
  3. 2つの円の交点と頂点Aを線で結ぶと、辺BCとぶつかったところが頂点Hとなる

※ただし、垂直な線を引くために辺BCの長さが足りないときには事前に延長しておきましょう。

これで三角形の高さの作図はバッチリ(^^)!

高さをマスターしたら

次はいろんな角度を作図する問題にも挑戦してみましょう。

ファイトだー(/・ω・)/

【作図】角度15°・30°・45°・60°・75°・90°・105°の作り方を解説!

 

 

成績を上げて、志望校合格を勝ち取りたい中3生の方!

数スタの無料メルマガ講座で合格を勝ち取りませんか?

中3受験生向け、メルマガ講座の内容

① 基礎力アップ!点をあげるための演習問題

② 文章題、図形、関数のニガテをなくすための特別講義

③ わからないを解決!質問対応サポート

④ オリジナル教材の配布など、様々な企画を実施!


今なら登録特典として、「高校入試で使える公式集」をプレゼントしています!

数スタのメルマガ講座を受講して、一緒に合格を勝ち取りましょう!

 

 

4 件のコメント

  • 匿名 より:

    わかりやすかったです。すごく勉強になりました。ありがとうございました。

    • 数スタ運営者 より:

      お役に立てて嬉しいです!
      勉強がんばってくださいね!

  • 匿名 より:

    とても分かりやすかったです!

    • 数スタ運営者 より:

      嬉しいコメントありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。