数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

 

数スタのオンラインショップ開設!

⇒ 数スタ STORE

中3受験生向けの演習課題を無料配布中!

倍数の個数を求める問題、どうやって考えればいい??

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(1)5の倍数

(2)5の倍数でない

(3)7の倍数

(4)5かつ7の倍数

(5)5または7の倍数

(6)5の倍数であるが7の倍数でない

このように倍数の個数について問われる問題。

どのように考えていけばよいのでしょうか。

 

この問題は算数、高校数学の両方で学習する内容です。

どちらの方にも理解できるように1問ずつていねいに解説していきますね(^^)

倍数の個数を考える

(1)~(3)倍数の数え方

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(1)5の倍数

100~200までの間には、どんな5の倍数があるのか考えてみると…

$$\{100,105,110,\cdots,200\}$$

という数が入っていることが分かります。

でも、これっていくつあるのかが分かりにくいです。

 

なので、次のように掛け算の形にして表してみると分かりやすくなります。

$$\{5\times 20,5\times 21,\cdots,5\times 40\}$$

すると、\(5\times 20\)からスタートして\(5\times 40\)まであるということが読み取れます。

 

つまり

こんな感じで考えて

$$40-19=21個$$

となります。

よくある間違いで、\(40-20=20個\)としてしまう人がいます。

これだと1個多く数えてしまっているので、

上の画像のように1~40の中から20の手前である1から19を取り除いたと考えるようにしてください。

(1)答え

$$21個$$

 

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(2)5の倍数でない

100~200までの中には、\(200-99=101個\)の整数が入っています。

この中に5の倍数は(1)より21個ありましたね。

つまり、5の倍数でない整数は

$$101-21=80個$$

となります。

「~でない」という場合には、全体の個数から「~である」を引いてあげればOKです。

(2)答え

$$80個$$

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(3)7の倍数

(1)と同様に考えてみましょう。

$$\begin{eqnarray}&&\{105,112,\cdots ,196\}\\[5pt]&=&\{7\times 15, 7\times 16,\cdots ,7\times 28\} \end{eqnarray}$$

よって、7の倍数は

$$28-14=14個$$

となります。

(3)答え

$$14個$$

スポンサーリンク

(4)「かつ」の考え方

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(4)5かつ7の倍数

「かつ」の場合には最小公倍数を考えることになります。

今回の問題では、「5かつ7の倍数 ⇔ 35の倍数」となります。

図で書くと、2つが重なっている部分ってことですね。

$$\begin{eqnarray}&&\{105,140,175\}\\[5pt]&=&\{7\times 15, 7\times 16,7\times 17\} \end{eqnarray}$$

よって、35の倍数(5かつ7の倍数)は

$$17-14=3個$$

となります。

まぁ、これくらいの数であれば目で数えたほうが早いですね(^^;)

 

(4)答え

$$3個$$

(5)「または」の考え方

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(5)5または7の倍数

「または」の場合には次のように考えましょう。

(5の倍数)+(7の倍数)-(5かつ7の倍数)

図で書くと分かりやすいです。

「または」というのは色がついているすべての部分のことを表しています。

なので、5の倍数と7の倍数の個数を足し合わせます。

しかし、そのまま足してしまうと重なっている部分がダブってしまいます。

なので、ダブったところを取り除くために「かつ」の部分を引いてあげるのです。

 

(1)(3)(4)の答えを利用すると

$$21+14-3=32個$$

となります。

(5)答え

$$32個$$

 

(6)「~ではあるが~ではない」の考え方

100~200までの整数のうち、次の整数の個数を求めよ。

(6)5の倍数であるが7の倍数でない

これは少しややこしい表現ではありますが

「5の倍数の中から7の倍数を取り除いたもの」

ってことになります。

つまり、5の倍数から35の倍数を引いてあげればOKということになります。

よって、(1)(3)より

$$21-3=18個$$

(6)答え

$$18個$$

まとめ!

今回は倍数の数え方についてパターン別に解説しました。

(1)で解説したように、個数の数え方には注意です。

20~40を数えるというときには、

「1~40」引く「1~19」というイメージを持っておきましょう。

 

「または」「~であるが~でない」など

ややこしい言い回しが出てきた場合には図を書いて考えてみるとよいですね。

問われている部分がどこなのか、色をつけて考えると分かりやすくなります(/・ω・)/

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。