3分でバッチリ!部分集合の個数の求め方についてイチから解説するぞ!




今回の記事では「部分集合の個数の求め方」についてサクッと解説していきます。

部分集合の個数を求めるとは次のような問題のことですね。

【問題】

5つの要素をもつ集合\(\{a,b,c,d,e\}\)の部分集合の数を答えなさい。

答えの出し方は簡単です。

では、なぜこのように計算することができるのでしょうか。

部分集合とはなんじゃ!?

そもそも部分集合とは何か知っていますか?

このように、\(a,b,c\)の要素を使ってできる集合のことを部分集合といいます。

気をつけたい点としては、空集合\(Φ\)も部分集合の1つであることですね。

つまり、\(\{a,b,c\}\)の部分集合は8個となります。

 

要素の数が少ないときには、上のように書き出してみれば良いです。

ですが、要素が5個、6個と増えてくると…1つずつ書き出すなんて大変すぎますね(^^;)

部分集合の個数は重複順列を使って求める!

要素の数が多くなると大変になっちゃいます。

なので、部分集合の個数を知りたいときには、次のように考えてみると部分集合の個数が数えやすくなります。

部分集合を作るためには、それぞれの要素を選ぶ〇、選ばない×の2通り考えることができるってわけ。

なので、要素が3つあるのであれば

このように計算できるというわけです。

〇×の重複を許した順列を考えてるってことで、重複順列を使って解いてることになります。

 

では、理解を深めるために次の練習問題に挑戦してみましょう。

【問題】

7つの要素をもつ集合\(\{a,b,c,d,e,f,g\}\)の部分集合の数を答えなさい。

要素が7つあるので

$$2^7=128個\cdots(解)$$

簡単すぎますね(^^;)

まとめ!

お疲れ様でした!

部分集合とは、それぞれの要素を使ってできる集合のことをいいます。

なので、部分集合を考えるときにはそれぞれの要素が含まれているかどうかの2通りを考えます。

よって、次のような計算で求めることができるのです。

簡単なことなので、サクッと練習して身につけておきましょう!

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。