【数学A】組み分けの場合の数の求め方・考え方をイチから解説!




高校数学Aで学習する場合の数の単元から

「組み分けの場合の数」

について解説していきます。

 

取り上げる問題はこちら!

【問題】

9人を次のように分ける方法は何通りあるか。

(1)4人,3人,2人の3組に分ける。

(2)3人ずつA,B,Cの3組に分ける。

(3)3人ずつ3組に分ける。

(4)5人,2人,2人の3組に分ける。

 

組み分けの問題では、

「分けるものが区別できるかどうか」

が大事なポイントとなります。

問題(1)(2) 区別できるパターン

9人を次のように分ける方法は何通りあるか。

(1)4人,3人,2人の3組に分ける。

4人、3人、2人という分け方は、分けるものに名前がついていませんが、人数が異なることから3組は区別できると判断します。

分けるものが区別できる場合は簡単!

まず、9人の中から4人を選ぶ。 ⇒ \(_{9}C_{4}\)

次に残った5人の中から3人を選ぶ。 ⇒ \(_{5}C_{3}\)

そして、最後の2人の中から2人を選ぶ。 ⇒ \(_{2}C_{2}\)(必ず1通りになるので省略してOK)

 

よって、

$$\begin{eqnarray}&&_{9}C_{4}\times _{5}C_{3}\times _{2}C_{2}\\[5pt]&=&\frac{9\cdot 8\cdot 7\cdot 6}{4\cdot 3\cdot 2\cdot 1} \times \frac{5\cdot 4}{2\cdot 1}\times 1\\[5pt]&=&1260通り\cdots (解)\end{eqnarray}$$

となります。

答え

$$(1) 1260通り$$

 

(2)3人ずつA,B,Cの3組に分ける。

今度の分け方は、人数が同じになっていますが、組に名前がついていることから3組は区別できると判断します。

組が区別できる場合には、Cを使って順に計算していけばOKです。

まず、9人の中から3人を選ぶ。 ⇒ \(_{9}C_{3}\)

次に残った6人の中から3人を選ぶ。 ⇒ \(_{6}C_{3}\)

そして、最後の3人の中から3人を選ぶ。 ⇒ \(_{3}C_{3}\)(必ず1通りになるので省略してOK)

 

よって、

$$\begin{eqnarray}&&_{9}C_{3}\times _{6}C_{3}\times _{3}C_{3}\\[5pt]&=&\frac{9\cdot 8\cdot 7}{3\cdot 2\cdot 1} \times \frac{6\cdot 5\cdot 4}{3\cdot 2\cdot 1}\times 1\\[5pt]&=&1680通り\cdots (解)\end{eqnarray}$$

となります。

答え

$$(2) 1680通り$$

 

ポイント!

人数が違う、組に名前がついているなど

分ける組が区別できる場合、\(C\)を使って計算を進めていく。

 

問題(3)(4) 区別できないパターン

9人を次のように分ける方法は何通りあるか。

(3)3人ずつ3組に分ける。

分ける組の人数が同じ、組に名前がついていないことから、3組は区別ができないと判断します。

分ける組に区別ができないとき、区別ができるときには次のような関係があります。

区別できないときには、3人ずつに分けたら終わりです。

一方で区別ができるときには、3人ずつに分けた後、どの組み入れるかまで考えます。

よって、区別できないときの1通りに対して、区別できるときには A,B,Cの順列 \(3!\) 分だけあるということになります。

逆に考えると、区別できないときは、区別できるときの場合の数を \(\div 3!\) すれば求めることができるということになりますね。

 

区別できる場合は、Cを使って簡単に計算することができますので、

  1. 区別できる場合を求める。
  2. 区別できない組の数の階乗で割る。
  3. 区別できない場合の数が求まる。
という手順で計算していきましょう。

 

よって、求める場合の数は

$$\begin{eqnarray}&&\frac{_{9}C_{3}\times _{6}C_{3}\times _{3}C_{3}}{3!}\\[5pt]&=&\frac{1680}{6}\\[5pt]&=&280通り\cdots (解)\end{eqnarray}$$

となります。

答え

$$(3) 280通り$$

 

(4)5人,2人,2人の3組に分ける。

5人,2人,2人の中で区別ができないのは「2人,2人」の2組だけです。

よって、次のように求めることができます。

 

$$\begin{eqnarray}&&\frac{_{9}C_{5}\times _{4}C_{2}\times _{2}C_{2}}{2!}\\[5pt]&=&\frac{9\cdot 8\cdot 7\cdot 6}{4\cdot3\cdot 2\cdot 1} \times \frac{4\cdot 3}{2\cdot 1}\times \frac{1}{2}\\[5pt]&=&378通り\cdots (解)\end{eqnarray}$$

となります。

答え

$$(4) 378通り$$

 

ポイント!

分ける組が区別できないときは、

区別できるときの場合の数を求めて、区別できない組の数の階乗で割る。

 

練習問題に挑戦!

【問題】

10冊の異なる本を次のように分ける方法は何通りあるか。

(1)5冊,3冊,2冊の3組に分ける。

(2)5冊ずつA,Bの2組に分ける。

(3)5冊ずつ2組に分ける。

(4)4冊,3冊,3冊の3組に分ける。

解答・解説はこちら

答え

(1)\(2520\)通り

(2)\(252\)通り

(3)\(126\)通り

(4)\(2100\)通り

$$\begin{eqnarray}(1) _{10}C_{5}\times _{5}C_{3}\times _{2}C_{2}=2520 \end{eqnarray}$$

$$\begin{eqnarray}(2) _{10}C_{5}\times _{5}C_{5}=252 \end{eqnarray}$$

$$\begin{eqnarray}(3)\frac{ _{10}C_{5}\times _{5}C_{5}}{2!}=126 \end{eqnarray}$$

$$\begin{eqnarray}(4)\frac{ _{10}C_{4}\times _{6}C_{3}\times _{3}C_{3}}{2!}=2100 \end{eqnarray}$$

まとめ!

お疲れ様でした!

組み分けの問題はテストや入試で出題されやすいので、とっても重要ですね。

ポイントとしては、冒頭でも述べた通り「区別できるか、できないか」

区別できる場合は、Cでそのまま計算。

区別できない場合は、できる場合に比べて数が減ってしまいます。

そのため、区別できない組の数の階乗で割ってあげるようにしましょう。

 

この考え方が身についていれば、組み分けの問題は簡単です。

サクッと得点しちゃいましょう(/・ω・)/

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。