【数学A】約数の個数と総和を求める公式は?問題を使って解説!

高校数学Aで学習する場合の数の単元から

「約数の個数と総和の求め方」

についてサクッと解説していきます。

 

取り上げる問題はこちら!

【問題】

5400の正の約数は全部で何個あるか。

また,その約数の和を求めよ。

約数の個数の求め方と公式

【問題】

5400の正の約数は全部で何個あるか。

約数の個数を求めるには、まず素因数分解をします。

素因数分解ができたら、各パーツ(\(2^3, 3^3, 5^2\))の約数を考えます。

\(2^3\) の約数 ⇒ \(2^0=1\), \(2^1=2\), \(2^2=4\), \(2^3=8\) の4個

\(3^3\) の約数 ⇒ \(3^0=1\), \(3^1=3\), \(3^2=9\), \(3^3=27\) の4個

\(5^2\) の約数 ⇒ \(5^0=1\), \(5^1=5\), \(5^2=25\) の3個

 

よって、約数の個数は

$$4\times 4\times 3=\color{red}{48個\cdots(解)}$$

となります。

 

【約数の個数を求める公式】

\(N=p^aq^br^c \) のとき

\(N\) の正の約数の個数は, \((a+1)(b+1)(c+1)\) 個。


 

なぜ、このような計算方法で約数の個数が求めれるのでしょうか。

ここでポイントとなるのが、

正の約数は、素因数分解で出てきた数の組み合わせによって作れる。

という点です。

例えば、20の正の約数であれば素因数分解すると、\(2^2\times 5\) となります。

よって、約数は \(1,2^1,2^2\) と \(1,5^1\) の組み合わせによって作ることができるので

このように表すことができます。

このことから、素因数分解ででてきたパーツの個数を調べ、それらを掛けあわせることで約数の個数を求めることができるってわけです。

 

約数の総和の求め方と公式

【問題】

5400の正の約数の約数の和を求めよ。

\(5400=2^3\times 3^3\times 5^2\) となることから

$$\begin{eqnarray}&&(1+2^1+2^2+2^3)(1+3^1+3^2+3^3)(1+5^1+5^2)\\[5pt]&=&(1+2+4+8)(1+3+9+27)(1+5+25)\\[5pt]&=&15\times 40\times 31=\color{red}{18600\cdots(解)} \end{eqnarray}$$

約数の総和を求めるには、素因数分解したときにでてくる同じ素因数のパーツの総和を掛けたものになります。

 

【約数の総和を求める公式】

\(N=p^aq^br^c \) のとき

\(N\) の正の約数の総和は,

\((1+p+ \cdots +p^a)(1+q+ \cdots +p^b)(1+r+ \cdots +r^c)\)

 

なぜこのようなやり方で約数の総和を求めることができるのでしょうか。

\(20\)の約数の総和を用いて考えてみましょう。

\(20=2^2\times 5\) であることから、

20の約数は、\(1\cdot1\), \(1\cdot 5\), \(2^1\cdot 1\), \(2^1\cdot 5^1\), \(2^2\cdot 1\), \(2^2\cdot 5^1\) と表すことができます。

つまり、約数の総和を求めるには次のような式ができます。

$$\begin{eqnarray}&&1\cdot1+1\cdot 5^1+ 2^1\cdot 1+2^1\cdot 5^1+2^2\cdot 1+2^2\cdot 5^1\\[5pt]&=&1(1+5^1)+2^1(1+5^1)+2^2(1+5^1)\\[5pt]&=&(1+2^1+2^2)(1+5^1)\end{eqnarray}$$

このことから、上で紹介したやり方で総和を求めることができる理由がわかりますね!

 

練習問題に挑戦!

【問題】

(1)60の正の約数の個数と約数の総和を求めよ。

(2)2000の正の約数の個数と約数の総和を求めよ。

解答・解説はこちら

答え

(1)\(12個\),\(168\)

(2)\(20個\),\(4836\)

 

まとめ!

お疲れ様でした!

約数の個数や総和を求める方法は、その場で思いつくってことはちょっと難しいです。

そのため、やり方を身につけてサクッと解けるようにしておいた方がラクですね。

そこまで複雑な手順ではありませんので、たくさん問題を解いてやり方を覚えておいてくださいね!

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!


 
高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!
 
定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。
学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?
 
無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、
高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。
 
こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!

ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。
 
 
中学生メルマガ講座では、今回のプレゼントのほか
  • オリジナルの入試教材
  • 入試問題の詳しい解説データ
  • ZOOMを使った個別指導


などのプレゼント企画をやっております。
 
登録は1分もあれば完了します。
ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。