夏期メルマガ講座

この夏、これまでの遅れを一気に取り戻したいあなたへ!

【中学生】夏期メルマガ講座のご案内

期待値とは?求め方を簡単にサクッと解説!

期待値とは、簡単に説明をすると…

どれくらいの値が出ると期待できるかというものです。

平均するとどれくらいの値が出てくるかを表します。

期待値は、それぞれの値に確率をかけて、すべてを足すと求めることができます。

 

例えば!

さいころを1回投げたときに出る目の期待値を求めると次のようになります。

このことから、さいころを投げたときに出る目の値は平均すると \(3.5\) になるということが分かります。

ちなみに、数学では答えを分数で書くことが多いので、期待値は \(\frac{7}{2}\) としておきます。

期待値の求め方

【問題】

100円硬貨1枚と500円硬貨1枚を同時に投げて,表が出た硬貨をもらえるというゲームの期待値を求めなさい。

まずは、値と確率をまとめた表を作りましょう。

今回の問題では、0円、100円、500円、600円という値があり、それぞれの確率は \(\frac{1}{4}\) ずつになります。

 

表が完成したら、値と確率をそれぞれかけ、和を求めます。

 

これで期待値が求まりました!

値と確率の表を作ることができれば、期待値の計算は簡単ですね(^^)

 

今回のゲームでは期待値が300円と求まりました、

これが意味することとしては、

ゲーム1回あたりに貰える金額の平均は300円ということです。

つまり、参加料が300円より安ければ、このゲームに参加し続ける限り得をするという計算になります。

 

1回だけを切り取って考えると、

0円や100円の場合もあるので損をすることもあります。

ですが、期待値300円が示す通り、ゲームに参加をし続けていれば

もらえる金額の平均は300円になってくるはずなので、

得をすることができるって訳ですね。

 

ちなみに、

お祭りなどで見かける「くじびき」などは、

当然のことですが、期待値は低いですよ(^^;)

お店側が利益を出す必要があるので、

期待値を考慮しながら、お店側が得になるように

景品や参加費を決定してるからね。

 

まとめ!

では最後に、期待値の求め方を確認しておきましょう。

期待値の求め方手順

① 値と確率をまとめた表を作る。

② それぞれの値と確率をかけ、和を求める。

たったこれだけの手順です。

期待値の計算や意味を知っておくと、

お金の使い方で失敗することが減るようになります。

あ、この買い物は期待値高いかな?

と、考える癖をつけるといいですね(^^)

 

子どもの頃に、

お祭りのくじ引き景品になっていた「たまごっち」が、

どーしても欲しくて、くじを引きまくった経験があります。

結果、当たり引くことができずに涙した苦い思い出…

あぁ、その頃に期待値の考えを知っていればなぁ…

 

この夏休みを利用して…


  • これまでの遅れを取り戻したい!
  • 基礎から学びたいけど、どうやれば…?
  • 1学期のテストがダメだったら、2学期は頑張りたい!
  • 塾は費用が高くて通えないけど、学ぶ意欲はある!



そんなあなたは、今すぐこちらをチェック!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





高校入試で使える公式集をプレゼント!


 
高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!
 
定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。
学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?
 
無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、
高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。
 
こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!

ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。
 
 
中学生メルマガ講座では、今回のプレゼントのほか
  • オリジナルの入試教材
  • 入試問題の詳しい解説データ
  • ZOOMを使った個別指導


などのプレゼント企画をやっております。
 
登録は1分もあれば完了します。
ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。