【おうぎ形】注意!周りの長さを求める公式を解説!

おうぎ形の周りの長さを求めなさい。

そんなの楽勝じゃーん!

 

ちょっと待って!!

 

周りの長さって、どこの部分かわかる?

えっ?

 

今回の記事は、こちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

おうぎ形の周りの長さって?

勘違いしている人が多いので、ちょっと確認しておこう。

おうぎ形の周りの長さというのは

 

この赤線部分ですね。

つまり

弧の長さと半径2個分を合わせた長さのことです。

 

 

周りの長さと弧の長さを混同している人がいるので気を付けてくださいね。

 

それでは、おうぎ形の公式をまとめておくので

これを参考に問題に挑戦してみよう!

おうぎ形の公式 まとめ

r:半径 a:中心角

おうぎ形の弧の長さ

$$2\pi r\times\frac{a}{360}$$

おうぎ形の面積

$$\pi r^2\times\frac{a}{360}$$

おうぎ形の周りの長さ

$$2\pi r\times\frac{a}{360}+2r$$

 

問題に挑戦してみよう!

問題

次のおうぎ形の周りの長さを求めなさい。

 

周りの長さとは、弧の長さと半径を2個分合わせた長さのことでしたね。

まずは弧の長さを求めてみましょう。

弧の長さの公式に当てはめてみると

$$2\pi\times4\times\frac{60}{360}$$

$$=8\pi\times\frac{1}{6}$$

$$=\frac{4}{3}\pi$$

 

弧の長さは\(\frac{4}{3}\pi\)とわかります。

 

ここに半径2個分を加えてやれば

周りの長さになります。

よって

$$\frac{4}{3}\pi+4\times2$$

$$=\frac{4}{3}\pi+8$$

 

よって、答えは\(\frac{4}{3}\pi+8\)(cm)となります。

 

見た目が変な感じですが、これでOKです!

πがついている文字と+8はこれ以上計算できないですからね(^^)

まとめ

おうぎ形の周りの長さを求めるときには

弧の長さを求めるだけでなく

半径を2個分加えてやることを忘れないようにしてくださいね。

 

出てくる答えも

文字と数の足し算という

見た目が変な感じになりますが

それで合っているので大丈夫!

間違っても

こんな計算をしないように気を付けてくださいね。

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。