3分でなるほど!三角錐の体積・表面積の求め方をマスターしよう!

「三角錐の体積・表面積がわからん!」

「とにかく求め方をサクッと知りたい!」

という方に向けて、今回の記事では三角錐の計算について3分で理解できるようにまとめています。

この記事を読みながら手元の宿題やワークを一緒に解き進めていきましょう。

三角錐の体積

次の三角錐の体積を求めなさい。

$$\large{三角錐の体積=底面積\times高さ\color{red}{\times \frac{1}{3}}}$$

 

三角錐の体積を求めるときに気をつけたいのは、必ず\(\frac{1}{3}\)を掛けることです。

四角錐、円錐など、てっぺんがとんがっている錐体と呼ばれる立体の体積は必ず\(\frac{1}{3}\)を掛けてください。

また、底面の三角形の面積は、\((底面)\times (高さ)\times \frac{1}{2}\)となることもおさえておきましょう。

 

すると、計算は次のようになります。

 

〇 三角錐の体積は、底面積を求めて高さをかける、そして\(\times \frac{1}{3}\)を忘れないように!

 

三角錐の表面積

三角錐の表面積を問われることは少ないようですが、難しい話ではないのでサクッと解説しておきますね。

まずは三角錐の展開図がどんなものか確認しておきましょう。

底面の三角形に対して、側面の三角形が3つ分くっついている形になります。

つまり、四角錐の表面積とは次のように求めることができます。

$$三角錐の表面積=底面積+側面積(三角形3つ分)$$

 

では、実際に問題を解いてみましょう。

次の三角錐の表面積を求めなさい。

※長さはテキトーに決めましたので、図形的にあり得ない大きさになっているかもしれません(^^;)あくまで計算方法を紹介するための例題です。

展開図のイメージがつくれたら、あとはそれぞれを計算するだけです。

 

〇 三角錐の表面積は底面と側面(三角形3つ分)をあわせたもの。

〇 展開図を書いて、それぞれを計算して合計していきましょう。

 

まとめ!

お疲れ様でした!

お手元の宿題、ワークの問題は解けましたか?

反復練習を通して、理解を深めておきましょうね(/・ω・)/

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。