3分でなるほど!三角錐の体積・表面積の求め方をマスターしよう!

「三角錐の体積・表面積がわからん!」

「とにかく求め方をサクッと知りたい!」

という方に向けて、今回の記事では三角錐の計算について3分で理解できるようにまとめています。

この記事を読みながら手元の宿題やワークを一緒に解き進めていきましょう。

三角錐の体積

次の三角錐の体積を求めなさい。

$$\large{三角錐の体積=底面積\times高さ\color{red}{\times \frac{1}{3}}}$$

 

三角錐の体積を求めるときに気をつけたいのは、必ず\(\frac{1}{3}\)を掛けることです。

四角錐、円錐など、てっぺんがとんがっている錐体と呼ばれる立体の体積は必ず\(\frac{1}{3}\)を掛けてください。

また、底面の三角形の面積は、\((底面)\times (高さ)\times \frac{1}{2}\)となることもおさえておきましょう。

 

すると、計算は次のようになります。

 

〇 三角錐の体積は、底面積を求めて高さをかける、そして\(\times \frac{1}{3}\)を忘れないように!

 

 

三角錐の表面積

三角錐の表面積を問われることは少ないようですが、難しい話ではないのでサクッと解説しておきますね。

まずは三角錐の展開図がどんなものか確認しておきましょう。

底面の三角形に対して、側面の三角形が3つ分くっついている形になります。

つまり、四角錐の表面積とは次のように求めることができます。

$$三角錐の表面積=底面積+側面積(三角形3つ分)$$

 

では、実際に問題を解いてみましょう。

次の三角錐の表面積を求めなさい。

※長さはテキトーに決めましたので、図形的にあり得ない大きさになっているかもしれません(^^;)あくまで計算方法を紹介するための例題です。

展開図のイメージがつくれたら、あとはそれぞれを計算するだけです。

 

〇 三角錐の表面積は底面と側面(三角形3つ分)をあわせたもの。

〇 展開図を書いて、それぞれを計算して合計していきましょう。

 

まとめ!

お疲れ様でした!

お手元の宿題、ワークの問題は解けましたか?

反復練習を通して、理解を深めておきましょうね(/・ω・)/

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。