【中2数学】平行四辺形の中から面積の等しい三角形を見つける問題を解説!

今回は中2で学習する

特別な平行四辺形の単元の中から

面積が等しくなる三角形を見つける問題を解説していきます。

 

問題

下の図で、四角形ABCDは平行四辺形であり、EF//BDである。このとき、△CDFと面積の等しい三角形をすべて答えなさい。

 

 

面積の等しい三角形を見つけるポイント!

このように平行な線に挟まれている三角形は

底辺の長さが等しければ面積が等しくなります。

 

 

三角形の面積は

$$(底辺)\times(高さ)\times \frac{1}{2}$$

と求めることができますよね。

だから、底辺と高さが等しくなる三角形は

たとえ、形がこーんなに違っても

面積は等しくなります。

 

 

 

あ、平行線はどこをとっても距離が等しくなるっていう特徴も覚えておいてね!

だから、どの三角形も高さは等しくなります。

 

問題の解説&答え

それでは、上で説明した特徴を活かして

平行な線に注目しながら

面積の等しい三角形を見つけていきましょう!

 

まず、四角形ABCDは平行四辺形なので

それぞれの向かい合う辺が平行になるということがわかります。

 

 

そして、このAD//BCを利用して

FDを底辺とする三角形に注目すると

△CDF=△BDF

がわかります。

 

次は、先ほど見つけた△BDFと面積が等しくなる三角形を探します。

EF//BDを利用して、底辺をBDとする三角形に注目すると

△BDF=△BDE

がわかります。

 

次も同様に、△BDEと面積が等しくなる三角形を探します。

AB//DCを利用して、底辺をEBとする三角形に注目すると

△BDE=△BCE

とわかります。

 

 

 

あれあれ…

問題では、△CDFと面積の等しくなる三角形を求めろと言っているのに

後半は△CDFと関係なくなっっちゃってんじゃん!

 

と思わないでください。

一連の流れで分かった情報をまとめていきます。

△CDF=△BDF

△BDF△BDE

△BDE=△BCE

 

これらをまとめて表すと

△CDF=△BDF=△BDE=△BCE

となるわけですね。

よって、これらの三角形は全部面積が等しい!ということになります。

 

 

△CDF⇒△BDF⇒△BDE⇒△BCE

というようにリレー形式で

面積の等しくなる三角形を見つけていく感じですね!

 

答え

△BDF、△BDE、△BCE

 

だいたいのイメージが掴めた人は練習問題で理解を深めていきましょう。

 

練習問題に挑戦!

問題

下の図で、四角形ABCDは平行四辺形である。点Mは辺BCの中点のとき、△ABMと面積の等しい三角形をすべて答えなさい。

 

解説&答えはこちら

答え

△DBM、△AMC、△DMC

 

平行四辺形なので

AB//DC、AD//BCとなります。

 

AD//BCを利用して、底辺をBMとする三角形に注目すると

△ABM=△DBMとなります。

△DBMと等しい三角形は見つからないので、このリレーは終了。

 

次は、点MがBCの中点ということを利用すると

△ABMと△AMCは底辺と高さが等しい三角形なので

△ABM=△AMCとなります。

 

このように、底辺を共有してなくても

長さが等しいことがわかれば面積も等しくなります。

 

次は△AMCと等しくなる三角形を見つけるリレーをしていきましょう。

AD//BCを利用して、底辺をMCとする三角形に注目すると

△AMC=△DMCとなります。

△DMCと等しくなる三角形は見つからないので

こちらのリレーも終了!

 

 

すべての情報をまとめると

△ABM=△DBM=△AMC=△DMC

となります。

 

まとめ

お疲れ様でした!

平行四辺形の中から面積の等しい三角形を見つけれるようになりましたか?

正直、慣れるまではなかなか難しい問題です。

平行四辺形に線がたくさんあって

どこを見ていけばいいのか分かりにくいもんね。

 

だけど、何度も練習していると

自然と面積の等しい三角形が浮き出て見えてくるようになります。

 

 

ポイントは

平行な線を見つけることですね。

そして、その平行な線に挟まれている三角形を探していくことです。

 

等しい三角形を見つけたら

そこからリレーをしていきながら、どんどんと三角形を見つけていってください。

ファイトだー(/・ω・)/

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




2 件のコメント

  • 玉子とうふ より:

    これのお陰で全く理解できなかったのが完璧に理解できました!ありがとうございました♪( ´▽`)

    • 数スタ運営者 より:

      お役に立ててよかったです^^
      引き続き数スタをよろしくお願いします(‘◇’)ゞ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。