数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

【正三角形の角度】正方形、ひし形との融合問題を解説!

今回は、正三角形の角度を求める問題について解説していくよ!

 

正三角形の性質はとってもシンプルなんだけど

角度を求める問題になると

 

むずいかも…

と、なってしまいがちなので

今回は正三角形の角度を求める問題を

厳選した4パターンで徹底解説していきます!

今回の記事内容は、こちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

 

スポンサーリンク

覚えておきたい正三角形の性質

  • 3辺がすべて等しい
  • 3つの角がすべて60°

 

この2つの性質をしっかりと覚えておいてください。

 

角度の問題なんだけど

『3辺がすべて等しい』

という辺に関する性質も使っていくからね!

忘れないように頭に入れておこう。

 

厳選4パターンの問題に挑戦!

それでは、正三角形の角度を求める問題をパターン別に解説していきます。

 

正三角形の基本パターン

△ABCが正三角形のとき、\(∠x, ∠y\)の大きさを求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$∠x=25°$$

$$∠y=95°$$

正三角形の角は60°という性質を利用すれば

\(x\)の角は

$$x=60-35=25°$$

と求めることができます。

 

そして、外角の性質を利用すれば

\(y\)の大きさは

$$∠y=35+60=95°$$

と求めることができます。

 

正三角形の角が60°になるということを覚えておけば大丈夫な問題でしたね!

 

正三角形の融合パターン

△ABC、△ADEが正三角形のとき、\(∠x\)の大きさを求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$∠x=35°$$

まず、△ABCの正三角形に注目すると

1つの角は60°になることから

赤い部分が35°になることがわかります。

 

次は△ADEの正三角形に注目すると

赤い部分が25°になることがわかります。

そして、△ACEに注目して

三角形の内角の和が180°になるということから

$$x=180-(120+25)=35°$$

と求めることができます。

 

正三角形が重なっている場合には

それぞれの角が60°になっていることを意識して

少しずつ\(x\)の角に近づくように

いろんな角を求めていきましょう。

 

正方形との融合パターン

四角形ABCDは正方形、△BCEは正三角形のとき、\(∠x, ∠y\)の大きさを求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$∠x=75°$$

$$∠y=150°$$

 

正三角形と正方形の融合問題を考えるときには

辺の関係性がとても重要です。

では、この図形において

どの部分が同じ長さになっているか考えてみましょう。

△EBCは正三角形なので、赤い部分はすべて同じ長さになります。

$$EB=BC=CE$$

 

四角形ABCDは正方形なので、青い部分はすべて同じ長さになります。

$$AB=BC=CD=DA$$

 

そして、この2つの特徴を組み合わせると

$$AB=BC=CD=DA=EB=CE$$

同じ長さになるとことがたくさんある!ということがわかります。

 

すると

△ABEと△ECDは二等辺三角形になっているということに気づきますね。

このことを利用して、角の大きさを考えていきます。

 

正方形の角は90°になるので

△ABEの頂角は30°になることがわかります。

そして、\(∠x\)は△ABEの底角なので

$$180-30=150$$

$$x=150\div 2 =75°$$

 

\(x\)の大きさがわかったら

次は△AEDに注目します。

すると、\(∠DAE,∠ADE\)はそれぞれ\(15°\)とわかるので

$$y=180-(15+15)=150°$$

とわかりました。

 

正三角形と正方形の融合問題では

辺の大きさが等しいところを見つけていくと

二等辺三角形が見つかるので

そこをヒントに角度を求めていくと良いです(^^)

スポンサーリンク

ひし形との融合パターン

四角形ABCDはひし形、△BCEは正三角形のとき、\(∠x\)の大きさを求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$∠x=74°$$

まずはこの問題を解くために

ひし形の性質を復習しておきましょう。

今回問題の中で利用していく性質は

『辺の大きさがすべて等しい』

『対角の大きさが等しい』

『対辺がそれぞれ平行』

 

 

それでは以上3点を頭に入れておいて

問題を見ていきましょう。

 

まず、AB//DCより錯角は等しくなるので

\(∠BAE=83°\)となります。

 

 

次にひし形、正三角形の性質から

辺の長さが等しいところが、このように見つかります。

すると△ABEは二等辺三角形になることがわかります。

よって、△ABEに注目すると

それぞれの角はこのようになります。

 

∠Bの大きさが74°とわかりました。

ひし形の対角は同じ大きさになることから

 

 

$$∠x=74°$$

となります。

 

 

ひし形と正三角形の融合問題は少し難しめですが

ひし形の3つの性質を覚えておけば大丈夫!

しっかりと覚えておきましょう。

 

正三角形の角度問題 まとめ

お疲れ様でした!

正三角形の性質としては

このように単純な性質しかないので

問題としては、いろんな図形との融合で出題されがちです。

 

 

  • 正三角形どうしの融合の場合

60°の角になるところをしっかりと見つけていくこと

 

  • 正方形との融合の場合

同じ長さになるところを見つけて、二等辺三角形を利用する

 

  • ひし形との融合の場合

ひし形の性質を利用しながら考えていく

 

 

これらのポイントをしっかりと覚えておいてくださいね!

正三角形の角度をマスターしたら

次は二等辺三角形にも挑戦してみましょう!

二等辺三角形の角度の求め方を問題を使って徹底解説!

2017.12.05

 

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額1980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。