平行四辺形とひし形の違いってなに??それぞれの特徴を比較!

平行四辺形とひし形の違いは??

 

結論から言うと

ひし形は平行四辺形の仲間!

ということになります。

 

仲間とは、どういうことなのか説明していきます。

平行四辺形とひし形の違いってなに??それぞれの特徴を比較!

そもそも平行四辺形とは

このように向かい合う辺がそれぞれ平行になっている四角形のことを平行四辺形といいます。

更に、次のような条件を満たす四角形はすべて平行四辺形ということができます。

【平行四辺形になるための条件】

  • 2組の対辺がそれぞれ平行である。
  • 2組の対辺がそれぞれ等しい。
  • 2組の対角がそれぞれ等しい。
  • 対角線がそれぞれの中点で交わる。
  • 1組の対辺が平行でその長さがそれぞれ等しい。

 

一方、ひし形とは

このようにすべての辺が等しい四角形のことをひし形といいます。

 

ここでちょっと考えて欲しいのが

ひし形っていうのは、すべての辺が等しい四角形。

ということは、ちょっと見方を変えると

「2組の向かい合う辺がそれぞれ等しい」

ってことでもある。

つまり!

ひし形は平行四辺形になるための条件を満たしているということが分かります。

 

このことから

ひし形は平行四辺形でもあるということになりますね。

平行四辺形という大きなグループの中で、すべての辺が等しくなっているものをひし形というんですね。

なので、ひし形は平行四辺形が持っている以下の性質をそのまま引き継いでいます。

【平行四辺形の性質】

  • 向かい合う辺がそれぞれ平行
  • 向かい合う辺がそれぞれ等しい
  • 向かい合う角がそれぞれ等しい
  • 対角線がそれぞれの中点で交わる
更に、これに加えて

【ひし形の性質】

  • すべての辺が等しい
  • 対角線が垂直に交わる
という性質も持っています。

覚えておいてください(^^)

平行四辺形とひし形の面積

ひし形は平行四辺形の仲間と言いましたが、面積を求める公式は別々で覚えておきたいものがあります。

平行四辺形の面積公式

$$平行四辺形の面積=底辺\times 高さ$$

 

ひし形の面積公式

$$ひし形の面積=対角線\times 対角線 \div 2$$

 

平行四辺形とひし形では、与えられる情報も変わってくることが多いです。

ひし形では対角線の長さが分かっていることが多いので、上のような公式を用いて計算していきます。

詳しくはこちらの記事でも解説しているのでご参考ください。

ひし形の面積公式のなぜ?図を使って解説!

 

また、平行四辺形やひし形の性質を用いた問題についてはこちらの記事もご参考ください(^^)

【正三角形の角度】正方形、ひし形との融合問題を解説!

【平行四辺形の角度、辺の長さ】求め方を問題解説!

 

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。