【星形の角度】内角の和の求め方を問題解説!

星形の内角をそれぞれ合わせると

全部で何度になるか知ってますか??

 

 

 

実は全部を合わせると

180°になるという特徴があるんですよね!!

 

不思議だね。

こんな星形も

こーーんな星形も

全部180°になっちゃう。

 

 

というわけで

今回のテーマは

  • 星形の角度はなぜ180°になるのか??
  • 星形って、どんな問題が出るの??

 

以上、2つのテーマでお話をしていきます(^^)

今回の記事はこちらの動画でも解説しているので、ご参考ください(/・ω・)/

 

 

星形の内角の和が180°になる理由

星形の角度が180°になる理由を説明していくために

三角形の外角の性質を知っておく必要があります。

このように

三角形の外角は、隣にない内角2つ分を合わせた大きさになるという性質があります。

 

これを利用して、星形の図形を考えていきます。

赤い三角形に注目すると

外角の大きさは\(c+e\)となります。

 

次に緑の三角形に注目すると

外角の大きさは\(b+d\)となります。

 

 

そして

それぞれの外角が集まっている三角形に注目すると

内角の和が180°になることから

$$a+(b+d)+(c+e)=180°$$

つまり

$$\LARGE{a+b+c+d+e=180°}$$

ということになり

内角の和が180°になるということがわかります。

 

 

星形の図形では

三角形の外角の性質を利用していくと

全ての角を1つの三角形に集めることができるので

最終的には、和が180°!ということになります。

星形の角度問題に挑戦してみよう!

それでは、星形の特徴がわかったところで

問題に挑戦してみましょう!

 

\(∠x\)の大きさを求めなさい。

解説&答えはこちら

$$\LARGE{20°}$$

 

星形はすべての角を合わせると180°になる。

これを覚えておけば楽勝な問題です。

$$x+40+40+45+35=180$$

$$x+160=180$$

$$x=20$$

 

星形の角度 まとめ

星形の図形では

全ての角を足すと180°になります。

 

 

なぜ180°になるのか?というと

三角形の外角の性質を使いながら

全ての角を、1つの三角形に集めることができるからでしたね!

 

 

足したら180°!

これさえ覚えておけば、問題を解くことは楽勝のはずです。

しっかりと覚えておきましょう(^^)

 

ブーメラン型の図形についてはこちらの記事をどうぞ!

【中2数学】ブーメラン型角度の求め方を解説!

 

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。