【連立方程式】割合を使った全校生徒の増減に関する文章題の解き方を解説!

今回は中2で学習する連立方程式の単元から

割合(%)を使った全校生徒の増減に関する文章問題

について解説していくよ!

 

今回取り上げていくのは、この2パターンの文章問題です。

問題1(昨年の人数を求めるパターン)

ある中学校の昨年の入学者数は360人であった。今年は昨年より男子が3%減少し、女子が5%増加して、全体では2人増加したという。昨年の男子、女子の入学者数をそれぞれ求めなさい。

 

問題2(今年の人数を求めるパターン)

ある中学校の全校生徒は、昨年は360人だったが、今年は男子が5%減り、女子が10%増えたので、生徒数は全体として6人増えた。今年の男子生徒の人数と女子生徒の人数をそれぞれ求めなさい。

 

今回の記事はこちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

割合の表し方を確認

まず、割合の文章問題に挑戦するためには

割合を使った表し方を確認しておく必要があります。

分数で表す方法と小数で表す方法の2パターンありますが

自分の好きな方を利用してください。

この記事では、小数を使って表していきますね。

 

割合の表し方について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

【文字式】割合(パーセント)の問題をわかりやすく解説!

 

 

昨年の生徒数を求める問題

問題1(昨年の人数を求めるパターン)

ある中学校の昨年の入学者数は360人であった。今年は昨年より男子が3%減少し、女子が5%増加して、全体では2人増加したという。昨年の男子、女子の入学者数をそれぞれ求めなさい。

 

それでは、昨年の人数を求めるパターンの問題を解説していきます。

まずは、昨年の男子の人数を\(x\)人、女子の人数を\(y\)人とします。

 

今年の人数はそれぞれ

男子が3%減少

女子が5%増加

全体は2人増加しているので

男子は\(0.97x\)

女子は\(1.05y\)

全体は\(362\)人と表すことができます。

 

よって、昨年の人数と今年の人数から

連立方程式が完成します。

$$\begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x + y = 360 \\ 0.97x + 1.05y = 362 \end{array} \right. \end{eqnarray}$$

 

あとは、この方程式を解いていくだけです。

 

小数のままだと計算がしにくいので、両辺に100を掛けて小数を消してやります。

$$0.97x\times 100 + 1.05y\times 100 = 362\times 100$$

$$97x+105y=36200$$

 

小数が消えたところで係数を揃えて加減法で解いてやります。

$$97x+97y=34920$$

$$97x+105y=36200$$

 

それぞれを引いていくと

$$8y=1280$$

$$y=160$$

 

\(y=160\)を\(x+y=360\)に代入してやると

$$x+160=360$$

$$x=200$$

 

よって、昨年の男子の人数は200人、女子の人数は160人となります。

 

割合の表し方を覚えておけば

式を作ることはそんなに難しくないですね!

スポンサーリンク

今年の生徒数を求める問題

問題2(今年の人数を求めるパターン)

ある中学校の全校生徒は、昨年は360人だったが、今年は男子が5%減り、女子が10%増えたので、生徒数は全体として6人増えた。今年の男子生徒の人数と女子生徒の人数をそれぞれ求めなさい。

 

この問題では、今年の人数を求めるように言われています。

なので、今年の男子・女子の人数を\(x,y\)としてしまいたくなりますが

昨年の男子を\(x\)人、女子を\(y\)人としてください。

 

今年の人数を文字で置いてしまうと、昨年の人数が表しにくくなってしまうんですね。

 

だから、あえて昨年の人数を文字で置きます。

 

 

では、昨年の人数を文字で置いて

先ほどの問題と同じように式を作っていきます。

$$\begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} x + y = 360 \\ 0.95x + 1.1y = 366 \end{array} \right. \end{eqnarray}$$

 

方程式が完成したら、計算して解を求めましょう。

すると\(x=200,y=160\)となります。

 

よっしゃ!これで答えが分かったぜ!

 

とは、しないように気をつけてください。

 

 

この\(x,y\)の値は去年の人数を表したものでしたよね。

今回の問題で知りたいのは今年の人数です!

 

なので、ここから一手間加えます。

 

このように昨年の人数から

今年の人数を計算してやりましょう。

 

よって、今年の男子の人数は190人、女子の人数は176人となります。

 

今年の人数を求めるときのポイント

  • 今年の人数が知りたくても、去年の人数を文字で置く!
  • 昨年から今年への変換を忘れずに!

 

まとめ

お疲れ様でした!

割合の増減についての文章問題では、割合を使った表し方をしっかりと身につけておくことが大切です。

 

この問題が苦手だという人の多くは

上手く割合を表すことができていません。

パーセントが苦手だな…と思う方は、まずこちらで理解を深めておいてくださいね。

【文字式】割合(パーセント)の問題をわかりやすく解く方法を解説!

割合の表し方をマスターすれば

この文章問題は簡単に思えるはずです(^^)

 

とにかく練習あるのみ!

ファイトだー(/・ω・)/

 

スポンサーリンク

今の状況に不安を感じている方は…

コロナの影響によって、

多くの学校がお休みになっている状況。



休みが増えてラッキー!

と感じている一方で、心の奥底では…



このままで勉強は大丈夫なのだろうか。

受験までに学力を伸ばせるのだろうか。

ライバルたちはどうやって対策しているのだろうか。



このような不安を感じている方もいるでしょう。



そんなあなたには


スタディサプリを使うことをおススメします。


スタディサプリを使うことで、

学校や学習塾で学べる内容を自宅にいながらサクッと学ぶことができます。



勉強を頑張りたい気持ちはあるけど、

何をどうすればいいのか…?

そういった悩みに対しても、スタディサプリで解決できます。



スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。


スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで


何をしたらよいのか分からない…


といったムダな悩みに時間を割くことなく


ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)


また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。


スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額1980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。

スタディサプリを活用することによって


学校が再開したときには、ライバルたちと差を広げることができます。


「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」


「どんなテキスト使ってるのか教えて!」


「勉強教えてーー!!」


スタディサプリを活用することで
どんどん成績が上がり


友達から羨ましがられることでしょう(^^)


今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが


学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方


是非、スタディサプリを活用してみてください。


スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。


まずは無料体験受講をしてみましょう!


⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓


スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座



数スタ運営部
数スタの公式LINEを開設しました!
友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。