【高校入試】小数部分から式の値を求める問題!

【入試問題】

\(2\sqrt{7}-3\)の小数の部分を\(a\)とするとき、\(a^2+5a\)の値を求めよ。

 

まずこちらの問題で確認しておきたいのが

$$(小数部分)=(全体)-(整数部分)$$

で求めることができるという点ですね。

 

小数部分\(a\)の値を求める必要がありますが

まずは整数部分がどうなるのかを考えていきます。

まずは、\(-3\)の部分は置いといて

\(2\sqrt{7}\)がどのような値になるのかを考えます。

このとき、ルートの外にある数は中に入れてから考えるようにしてください、

$$2\sqrt{7}=\sqrt{2^2\times 7}=\sqrt{28}$$

 

そして、この範囲に\(-3\)をすることによって

\(2\sqrt{7}-3\)の整数部分が\(2\)であることが分かりました。

 

整数部分が求まったので、次は小数部分を求めましょう。

 

小数部分が求まったら

あとは、\(a^2+5a\)に代入すれば完成となります。

 

が、ここでも1つ注意があります!!

そのまま代入すると計算が大変すぎるぞ…

 

なので、\(a^2+5a=a(a+5)\)と因数分解をしてから代入するようにしましょう。

入試レベルの問題であれば、式を工夫してから代入することが多いです。

 

$$\begin{eqnarray}a^2+5a&=&a(a+5)\\[5pt]&=&(2\sqrt{7}-5)\{(2\sqrt{7}-5)+5\}\\[5pt]&=&(2\sqrt{7}-5)\times 2\sqrt{7}\\[5pt]&=&28-10\sqrt{7}\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

答え

$$28-10\sqrt{7}$$

 

ちょっと難しい問題だったけど理解できたかな?

式変形や解き方などで分からないところがあれば

コメント欄にてお知らせくださいませ(/・ω・)/

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。