【中学受験】面積図を使って平均算の難問に挑戦してみよう!

今回は、平均算の問題を面積図というテクニックを用いて解く方法について解説していくよ!

 

面積図とは、かけ算を見た目で分かりやすく図で表したモノです。

このように、掛け合わせる数を

それぞれタテ、ヨコの長さ

かけ算の答えを、面積として図形で表します。

 

 

平均算において、この面積図を用いると

こんな感じになりますね!

 

それでは、この面積図を用いて

どのように問題を解いていけば良いのか解説していきます(^^)

 

平均算の基本問題を確認しておきたい方はこちらもどうぞ!

 

面積図を用いて、平均算を解く方法!

Aさんのこれまで5回のテストの平均点は83点です。次のテストで何点とれば、6回のテストの平均点が85点になるか求めなさい。

 

まず、5回のテスト結果を面積図で表すとこんな感じ

 

ここに6回目のテストが加わり、平均点が85点となるので

こんなイメージだね!

 

6回目のテストのはみ出している部分が

凹み部分を埋めて

ヨコ6回、タテ85点の面積を作り上げる感じだね

 

あとは、それぞれの長さや面積に着目していくと

凹み部分の面積は\(2\times 5=10\)であるから

6回目のテストのはみ出している部分は

10であることがわかります。

 

以上より、6回目のテストの点数は

 

85点と10点を合わせて、95点となりました。

 

答え

95点

 

このように面積図を用いて

それぞれの辺の長さや面積に着目することで平均算の問題を解いてあげることができます。

 

 

面積図の利用とは、問題が応用になって

複雑になればなるほど効果を発揮してくれます。

 

というわけで、次は平均算の難問を

面積図を用いて、楽して答えを求めてみましょう。

平均算の難問を面積図で解いてみよう!

Aさんの今までのテストの平均点は78点でしたが、今回のテストでは94点がとれたので、平均点が80点になりました。今回のテストは何回目のテストですか。

 

ややこしいね…(^^;

でも、面積図を使うと簡単になっちゃうよ!

図で表すとこんな感じ。

 

凹んだ部分とはみ出した部分に着目すると

 

?の部分の長さは7であることが分かります。

よって、今回のテストは8回目であることが求まりました!

面積図を用いると、簡単な面積を求める計算で答えがわかりましたね(^^)

 

答え

8回目

 

 

面積図に慣れるためにもう1問挑戦してみましょう。

これはちょっと難問かも…解けたらすごいぞ!

 

 

125人の受験者のうち、25人が合格しました。合格者の平均点と不合格者の平均点との差は30点で、全受験者の平均点は51点でした。このとき、合格者の平均点は何点か求めなさい。

 

面積図で表すとこんな感じだね

 

凹み部分とはみ出し部分を取り出して考えてみると

それぞれヨコの長さは

$$100:25=4:1$$

となっています。

 

すると、これらの図形の面積を等しくするためには

タテの比は、ヨコの比を逆にした\(1:4\)となります。

それぞれのタテの長さを合わせると、30点になるはずだから

凹み部分のタテの長さは

$$30\times \frac{1}{5}=6点$$

 

はみ出し部分のタテの長さは

$$30\times \frac{4}{5}=24点$$

 

よって、合格者の平均点は

$$51+24=75点$$

となります。

 

答え

75点

 

これは難しかったかな(^^;

比を使うことで、それぞれの長さを求めることができるぜ!っていう問題でした。

 

まとめ

お疲れ様でした!

面積図を用いることで

応用問題であっても、簡単に答えを求めることができましたね(^^)

 

こうやって見てみると

うぉぉぉ!

面積図最高!!

ってなるんだけど

 

面積図を使いこなすためには慣れが必要です。

初めのうちは、自力で図を書こうと思っても

なかなか正確に書けないものです。

 

習得してしまえば、こんなにも楽になるので

ぜひとも使いこなせるようになってもらいたい。

というわけで

練習あるのみだ!

ファイト(/・ω・)/

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




2 件のコメント

  • にゃあ より:

    今までどんなサイト見てもわからないことが分かりました!!

    • 数スタ運営者 より:

      お役に立ててうれしいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。