【年齢算】小学生問題の解き方は?比や線分図を使って考えてみよう!

今回は、「年齢算」と呼ばれる問題の解き方について解説していきます。

年齢算とは次のような問題のことだね。

【年齢算の問題】

現在、父は34歳、子どもは4歳です。父の年齢が子どもの年齢の4倍になるのは何年後か求めてみましょう。

 

中学で学習する方程式を利用すれば簡単に解けたりするんだけど…

ここでは、小学生の方に向けて、どのように考え解いていけば良いのかを解説していきますね!

ポイントは…

年齢の差、比を考える

 

【年齢算】小学生問題の解き方は?比や線分図を使って考えてみよう!

【年齢算の問題】

現在、父は34歳、子どもは4歳です。父の年齢が子どもの年齢の4倍になるのは何年後か求めてみましょう。

それでは、こちらの問題を考えてみましょう。

父と子どもの年齢差は30歳です。

この年齢差って、何年経っても変わらないものですよね。

だって、父も子どもも毎年同じように歳を重ねていきますから。

 

このことを頭に入れておいて

問題にあるように、父の年齢が子どもの年齢の4倍になったときの状況を考えてみましょう。

すると、このようなイメージになります。

父は子どもの4倍だから④、子どもは①とすると、年齢差にあたる部分は④-①=③となります。

 

つまり!

子どもの年齢と年齢差の部分に注目すると

$$(子どもの年齢):(年齢差)=1:3$$

という比の式を作ることができます。

$$(子どもの年齢):30=1:3$$

$$(子どもの年齢)=10歳$$

 

よって、子どもが10歳になったときに父は子どもの年齢の4倍になることが分かりました。

子どもは現在4歳だから、答えは6年後ということになります。

答え

6年後

 

これが年齢算の考え方、解き方です。

お互いの年齢差を求める。

年齢差と年齢がどのような比になっているかを考えて解く!

ということです。

 

練習問題で理解を深めよう!

【年齢算の問題】

現在、父は39歳、子どもは11歳です。父の年齢が子どもの年齢の5倍であったのは何年前か求めてみましょう。

解説&答えはこちら

答え

4年前

父と子どもの年齢差は、\(39-11=28\)歳

$$(子どもの年齢):28=1:4$$

$$(子どもの年齢)=7歳$$

現在の子どもの年齢は11歳だから、今から4年前となります。

 

年齢算の例題を解いてみよう①

【年齢算の例題】

父と子どもの現在の年齢の比は10:3です。10年後の2人の年齢の合計が72歳であるとき、父の現在の年齢を求めてみましょう。

現在に比べて10年後

父、子ども2人とも10歳ずつ歳を重ねます。

ということは、現在においての2人の年齢の合計は

$$72-10\times 2=52歳$$

となります。

父の年齢と全体の年齢を比べると

$$(父の年齢):52=10:13$$

$$(父の年齢)=40歳$$

答え

40歳

年齢算の例題を解いてみよう②

【年齢算の例題】

父の年齢は39歳、2人の子どもの年齢は11歳と8歳です。2人の子どもの年齢の和が父の年齢と等しくなったとき、父の年齢は何歳か求めてみましょう。

現時点において、父と2人の子どもの年齢差は

$$39-(11+8)=20歳$$

あります。

 

1年経つと、父は1歳増えますが2人の子どもの合計は2歳増えます。

このことから、1年経つにつれて父と2人の子どもの年齢差は1歳ずつ縮まっていきます。

 

つまり、20歳分の差が縮まるまでに

$$20\div 1=20年$$

ということが分かりました。

 

よって、そのときの父の年齢は

$$39+20=59歳$$

となります。

 

答え

59歳

 

年齢算の考え方、解き方まとめ!

お疲れ様でした!

年齢算では、お互いの年齢差を考えること。

問題で指定された〇倍などから、互いの年齢の比を考えること。

これらの考え方を身につけることができれば楽勝ですね(^^)

 

あとは、いろんな問題を解いて理解を深めていきましょう!

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

2 件のコメント

  • ななし より:

    年齢算の最初の例の問題が2回かいてありますが、一回目の子供の年齢が14歳、二回目の子供の年齢が4歳。正の整数解があるのは二回目のみで、恐らく一回目が誤植だと思います。
    ↓一回目
    【年齢算の問題】
    現在、父は34歳、子どもは14歳です。父の年齢が子どもの年齢の4倍になるのは何年後か求めてみましょう。

    • 数スタ運営者 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      訂正しておきました!

      まったく気が付きませんでした(^^;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。