カーブの標識にあるR(アール)って何の単位なの?

車を運転していると気になることあるよね

カーブのときに見かける

この標識『Rアール』

 

これって何を表す単位なの?

この数字を見て、何を気をつければいいの?

 

R(アール)の単位は?

カーブの標識に表されている

Rという値は、円の半径を表しています。

こんな感じで、カーブの部分に円をくっつけます。

そのときにできる円の半径の大きさを表したのが

標識にあるRの値なんです。

半径は英語で『radius』というので

この頭文字であるRを使って表しています。

 

どのように円をくっつければいいのか。

その辺りの話になるとちょっと難しくなるから

ここでは割愛させてもらうよ(^^;)

 

R(アール)が表す数の意味

Rというものが円の半径だということは分かりました。

 

次は

$$\LARGE{R=500m}$$

とあるように、Rに続く500mという数字を見て

これからどのようなカーブがあるのか

これを想像できるようになっておきましょう。

 

 

Rが半径の大きさを表すと言いましたが

では、半径が大きい小さいでは

カーブにどのような違いがあるのか見てください。

カーブが急な場合と緩やかな場合では、円の大きさに違いがありますね。

そして

カーブが急な方が円(Rの値)が小さく

カーブが緩やかな方が円(Rの値)が大きい

ということが分かります。

 

 

つまり、カーブの標識にある

Rの値が小さい方がカーブが急だ!

ということが分かるわけです。

 

まとめ

運転しているときにRの標識を見かけた場合

Rの値が小さいようであれば

これから急なカーブがあるということになります。

いつも以上にスピードを落として安全運転するようにしましょうね(^^)

 

標識Rのまとめカーブの標識Rは、円の半径を表している。

Rが小さい方がカーブが急であることが分かる。

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!


 
高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!
 
定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。
学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?
 
無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、
高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。
 
こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!

ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。
 
 
中学生メルマガ講座では、今回のプレゼントのほか
  • オリジナルの入試教材
  • 入試問題の詳しい解説データ
  • ZOOMを使った個別指導


などのプレゼント企画をやっております。
 
登録は1分もあれば完了します。
ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)




数スタの運営をしている小田です。
数学の指導歴11年。最近ではオンラインで個別指導をさせてもらっています。  >> 詳しいプロフォールはこちら
数学のニガテを一緒に解決しよう!イチから丁寧に解説するぞ!をモットーに数スタのサイトを作成しました。おかげさまで月30万人の方にご利用いただいております(^^)

【無料のメルマガ講座】
より詳しい学習解説、限定コンテンツの配信、個別指導のプレゼントなどを行っています。
メルマガ講座

【YouTubeチャンネル】
数学の基礎を丁寧に解説しています! ⇒ 数スタチャンネル

【LINE登録】
メッセージはLINEで受け付けてます(/・ω・)/ ⇒LINE登録





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。