カーブの標識にあるR(アール)って何の単位なの?

車を運転していると気になることあるよね

カーブのときに見かける

この標識『Rアール』

 

これって何を表す単位なの?

この数字を見て、何を気をつければいいの?

 

R(アール)の単位は?

カーブの標識に表されている

Rという値は、円の半径を表しています。

こんな感じで、カーブの部分に円をくっつけます。

そのときにできる円の半径の大きさを表したのが

標識にあるRの値なんです。

半径は英語で『radius』というので

この頭文字であるRを使って表しています。

 

どのように円をくっつければいいのか。

その辺りの話になるとちょっと難しくなるから

ここでは割愛させてもらうよ(^^;)

 

R(アール)が表す数の意味

Rというものが円の半径だということは分かりました。

 

次は

$$\LARGE{R=500m}$$

とあるように、Rに続く500mという数字を見て

これからどのようなカーブがあるのか

これを想像できるようになっておきましょう。

 

 

Rが半径の大きさを表すと言いましたが

では、半径が大きい小さいでは

カーブにどのような違いがあるのか見てください。

カーブが急な場合と緩やかな場合では、円の大きさに違いがありますね。

そして

カーブが急な方が円(Rの値)が小さく

カーブが緩やかな方が円(Rの値)が大きい

ということが分かります。

 

 

つまり、カーブの標識にある

Rの値が小さい方がカーブが急だ!

ということが分かるわけです。

 

まとめ

運転しているときにRの標識を見かけた場合

Rの値が小さいようであれば

これから急なカーブがあるということになります。

いつも以上にスピードを落として安全運転するようにしましょうね(^^)

 

標識Rのまとめカーブの標識Rは、円の半径を表している。

Rが小さい方がカーブが急であることが分かる。

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。