【広島高校入試-数学】2017年の大問6(関数)を解説!

広島県の高校入試(数学)

2017年に出題された反比例の関数問題に挑戦してみましょう!

【問題】

下の図のように,関数のグラフ \(y=\frac{4}{x}\) 上に,点A\((2,2)\) と \(x>2\) の範囲で動く点Bがあり,2点A,Bから \(x\)軸にそれぞれ垂線AC,BDを引きます。これについて,次の問いに答えなさい。

(1)\(CD=3\) となるとき,点Bの座標を求めなさい。

(2)\(AB=BC\) となるとき,△\(ACB\) の面積を求めなさい。

問題の解説!

問題の解説はこちらのPDFデータをご参考ください!

反比例の面積(解答)

 

関数の問題の中に、まさかの二等辺三角形!!

関数の入試問題では、図形の性質もよく問われます。

二等辺三角形、ひし形、平行四辺形など

この辺りの図形の特徴はしっかりとおさえておきましょうね(/・ω・)/

数学の成績が落ちてきた…と焦っていませんか?

数スタのメルマガ講座(中学生)では、
以下の内容を無料でお届けします!
メルマガ講座の内容

① 基礎力アップ!点をあげるための演習問題
② 文章題、図形、関数のニガテをなくすための特別講義
③ テストで得点アップさせるための限定動画
オリジナル教材の配布など、様々な企画を実施!

今なら登録特典として、「高校入試で使える公式集」をプレゼントしています!

 
数スタのメルマガ講座を受講して、一緒に合格を勝ち取りましょう!
 
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。