【連立不等式の整数解】範囲に「=」をつける、つけないどっち??




高校数学Ⅰで学習する不等式の単元から

「連立不等式の整数解」

についての問題を解説します。

 

連立不等式の整数解とは、次のような問題のことをいいます。

【問題】ニューアクションβより

\(a\)を定数とする。2つの不等式

\(2(3x-4)-1>-3(2x+11)\cdots ①\)

\(4x+2a<3x+2\cdots ②\)

をともに満たす整数\(x\)がちょうど3個となるような\(a\)の値を求めよ。

 

よく聞かれる質問として、

答えの範囲に<、≦のどちらを選べばいいか分かりません…

というものがあります。

 

というわけですので、

この点について詳しく解説していきますね!

 

今回の内容をサクッと学びたい方は、こちらの動画をチェック!

連立不等式の整数解の問題解説!

【問題】ニューアクションβより

\(a\)を定数とする。2つの不等式

\(2(3x-4)-1>-3(2x+11)\cdots ①\)

\(4x+2a<3x+2\cdots ②\)

をともに満たす整数\(x\)がちょうど3個となるような\(a\)の値を求めよ。

 

まずは、①②それぞれの不等式を解きましょう。

①より

$$\begin{eqnarray}2(3x-4)-1&>&-3(2x+11)\\[5pt]6x-8-1&>&-6x-33\\[5pt]12x&>&-24\\[5pt]x&>&-2 \end{eqnarray}$$

②より

$$\begin{eqnarray}4x+2a&<&3x+2\\[5pt]x&<&2-2a \end{eqnarray}$$

となります。

 

そして、これらの範囲を同時に満たす\(x\)が存在するとき

\(x\)の値の範囲は、\(-2<x<2-2a\) となるはずです。

\(2-2a\)の値が具体的には分かりませんが、

今のところ\(-2\) より大きくないといけないってことは分かりますよね。

 

次に、問題で与えられているように

\(-2<x<2-2a\)の中に整数がちょうど3個だけ入るように考えていきます。

範囲の左端が\(-2\)であることから、整数を3個入れるためには次のようになります。

ここで、\(2-2a\) の場所が具体的に判明します。

 

次に\(2-2a\) をもっと細かく絞っていきます。

1と2の間にあることは分かりましたが、

1と2に等しくなる場合はどうなのか?

をチェックしていきましょう。

 

\(2-2a\) が1と等しくなる場合、範囲は次のようになってしまいます。

これだと範囲の中に入っている整数が\(-1,0\)の2個だけになってしまい、問題の条件を満たさなくなってしまいます。

このことから、\(2-2a\)は1にはならない。ということが分かります。

 

次に、\(2-2a\) が2と等しくなる場合、範囲は次のようになります。

こちらはちゃんと範囲の中に整数が3個入っていて、問題の条件を満たしていますね。

このことから、\(2-2a\)は2でもOK!ということが分かります。

 

以上のことをまとめると、

①②を満たす整数\(x\)がちょうど3個となるようにするためには、

\(2-2a\)が1と2の間にくる必要がある。

だけど、\(2-2a\)が1になってしまうとダメ、2のときはOK。

\(1<2-2a≦2\)

このように、\(a\)に関する不等式を作ることができました。

あとはこれを解いていけばOKです。

$$\begin{eqnarray}&&1<2-2a≦2\\[5pt]&&-1<-2a≦0\\[5pt]&&0≦a<\frac{1}{2}\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

いかがだったでしょうか。

答えの範囲に=がつく、つかないの理由が分かりましたか?

=にしたときにちゃんと条件を満たすかどうか。

これをチェックしていけば、間違いなく判断ができるはずですよ(^^)

不等式の整数解を考える手順
  1. それぞれの不等式を解く。
  2. \(a\)を含む値がどこの間にくればよいかを考える。
  3. ②で求めた範囲の両端でも成り立つか調べる。
  4. ②③を元に不等式を作る。

 

では、練習問題に挑戦して理解を深めておきましょう!

練習問題に挑戦!

【問題】

連立不等式 \(x-6<5-x\cdots①\),  \(5x+1≦6x+a\cdots ②\) を満たす\(x\)の整数値が5のみとなるように、\(a\)の値の範囲を求めよ。

解説&答えはこちら

答え

$$-4≦a<-3$$

①より

$$\begin{eqnarray}x-6&<&5-x\\[5pt]2x&<&11\\[5pt]x&<&\frac{11}{2} \end{eqnarray}$$

②より

$$\begin{eqnarray}5x+1&≦&6x+a\\[5pt]-x&≦&a-1\\[5pt]x&≧&1-a \end{eqnarray}$$

よって、

$$\begin{eqnarray}&&4<1-a≦5\\[5pt]&&3<-a≦4\\[5pt]-4≦a<-3\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

まとめ!

お疲れ様でした!

これで連立不等式の整数解についてはバッチリかな?

この問題は模試や入試で出題されやすい問題だから

確実に点が取れるようしておくと、偏差値も上がりやすくなるね(/・ω・)/

 

他の不等式問題については、こちらの記事も参考にしてみてね!

>不等式の解き方まとめ!高校数学はこれでバッチリ!

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。