【文字式の表し方】ルールをわかりやすく説明!

今回の記事では

文字式の単元を進めていく上で

最も大切な基礎部分にあたる

文字式の表し方のきまりについて

説明をしていきます。

 

この文字式のルールをしっかりと覚えておかないと

次には進めないからね

気合を入れて、学習していこう!

 

具体例を使いながら

なるべくわかりやすく説明していくので

ついてきてください!

 

こちらの動画でも解説しています(^^)

文字式の表し方のきまり

まず初めに文字式のきまりをまとめておきます。

文字式の表し方
  1. ×(かける)の記号は省略する
  2. 文字はアルファベット順に並べ替える
  3. 数⇒文字の順に書く
  4. 1は省略する
  5. 同じ文字の積は、累乗の形にする
  6. かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く
  7. 割り算は分数の形にする
  8. 分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略
  9. 足し算と引き算の+、-は省略しない

 

うわぁ

めっちゃルールあるし…

って思いましたよね(;^_^A

 

 

でも、一つ一つのルールは

そんなに難しいものではないので

すぐに覚えれると思います。

 

それでは

文字式の表し方のきまりを

1つずつ見ていきましょう。

 

① ×(かける)の記号は省略する

文字式では掛け算の記号は省略して表すのが決まりです。

このようにabの間の×の記号が省略されます。

掛け算する文字が増えても同様です。

 

② 文字はアルファベット順に並べ替える

文字はアルファベット順に並べ替えましょう。

どういうことかというと

こちらの文字式

①のルールに従っていくと

acbになってしまうのですが

この文字の順番を

アルファベット順に並べ替えないといけないっていうことです。

正確には

こうなります。

 

×を省略するだけでなく

文字の部分はアルファベット順に並べ替えるようにしましょう。

 

③ 数⇒文字の順に書く

数と文字の掛け算の場合、数⇒文字の順番に書きましょう。

つまり

こうではなくて

このように数⇒文字の順に書くようにしましょう。

 

④ 1は省略する

1をかける場合、1は省略して表します。

この場合、1aとは書かないで

このように1は省略しなければいけません。

 

ただし、1を省略するからと言って

こんな感じで1という数字があれば

なんでもかんでも省略するわけじゃないからね

 

あくまで省略するのは

1とー1のときだけね!

 

 

⑤ 同じ文字の積は、累乗の形にする

掛け合わせる文字の中に

同じ文字がある場合は累乗の形を用いて表します。

 

×を省略して、文字をアルファベット順に並び替えるだけでなく

同じ文字が含まれている場合には

このように累乗の形を使って表すようにしましょう。

 

⑥ かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く

この式のように

かっこの式と数をかける場合には

×を省略して、数はかっこの前に書くようにしましょう。

 

スポンサーリンク

⑦ 割り算は分数の形にする

割り算の記号も省略して、分数の形にします

あれ?なんでbが下(分母)に来るの?

って思った方は

こちらを思い出してください。

割り算は、割る数を逆数にして

掛け算にチェンジすることができるんでしたね。

割る数(÷の後ろの数)が逆数になって

ひっくり返っちゃうから

bが下に来ているんですね!

 

もしも符号にマイナスが出てきた場合は

必ず分数の前に持ってくるようにしてください。

これも注意ですね。

 

⑧ 分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略する

かっこの付いた式を分数で表したとき

分子がかっこの式しかないときは

かっこを省略して表しましょう。

 

⑨ 足し算と引き算の+、-は省略しない

掛け算、割り算は省略する決まりでしたが

足し算、引き算の+、-は省略してはいけません。

このような文字式の場合

掛け算の×と割り算の÷は省略しますが

足し算の+は省略することができないので残しておきます。

 

 

以上、9点が文字式の表し方のきまりでした。

1つ1つはすごくシンプルだよね

でも、覚えなきゃいけないルールが多いので

問題をたくさん解きながら

体で覚えていってもらいたいな!

 

ルールを眺めているだけでは

なかなか身につかないからね

レッツ!演習!

 

 

文字式の演習問題に関しては

別記事でたっぷりとやっていきたいと思います^^

>>>【文字式の表し方】問題演習で理解を深めよう!

 

文字式の表し方 まとめ

最後にもう一度

文字式の表し方を確認しておきますね。

 

×(かける)の記号は省略する

文字はアルファベット順に並べ替える

数⇒文字の順に書く

1は省略する

同じ文字の積は、累乗の形にする

かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く

割り算は分数の形にする

分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略

 

足し算と引き算の+、-は省略しない

 

文字式の表し方を身につけたら、次は文章題に突入!

みんなが苦手なパーセントや速さの表し方はすぐにマスターできちゃうから、サクッとやっちゃいましょう。

>【文字式】速さの問題をわかりやすく解く方法!

>【文字式】割合(パーセント)の問題をわかりやすく解く方法!

文字式の文章題をまとめて全部マスターしたい!という方は

>【文字式】数量の表し方、関係を表す式、単位の変換問題などを解説!

こちらのまとめ記事をどうぞ!

 

スポンサーリンク

今の状況に不安を感じている方は…

コロナの影響によって、

多くの学校がお休みになっている状況。



休みが増えてラッキー!

と感じている一方で、心の奥底では…



このままで勉強は大丈夫なのだろうか。

受験までに学力を伸ばせるのだろうか。

ライバルたちはどうやって対策しているのだろうか。



このような不安を感じている方もいるでしょう。



そんなあなたには


スタディサプリを使うことをおススメします。


スタディサプリを使うことで、

学校や学習塾で学べる内容を自宅にいながらサクッと学ぶことができます。



勉強を頑張りたい気持ちはあるけど、

何をどうすればいいのか…?

そういった悩みに対しても、スタディサプリで解決できます。



スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。


スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで


何をしたらよいのか分からない…


といったムダな悩みに時間を割くことなく


ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)


また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。


スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額1980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。

スタディサプリを活用することによって


学校が再開したときには、ライバルたちと差を広げることができます。


「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」


「どんなテキスト使ってるのか教えて!」


「勉強教えてーー!!」


スタディサプリを活用することで
どんどん成績が上がり


友達から羨ましがられることでしょう(^^)


今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが


学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方


是非、スタディサプリを活用してみてください。


スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。


まずは無料体験受講をしてみましょう!


⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓


スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座



数スタ運営部
数スタの公式LINEを開設しました!
友だち追加



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。