【文字式の表し方】ルールをわかりやすく説明!

今回の記事では

文字式の単元を進めていく上で

最も大切な基礎部分にあたる

文字式の表し方のきまりについて

説明をしていきます。

 

この文字式のルールをしっかりと覚えておかないと

次には進めないからね

気合を入れて、学習していこう!

 

具体例を使いながら

なるべくわかりやすく説明していくので

ついてきてください!

 

こちらの動画でも解説しています(^^)

文字式の表し方のきまり

まず初めに文字式のきまりをまとめておきます。

文字式の表し方
  1. ×(かける)の記号は省略する
  2. 文字はアルファベット順に並べ替える
  3. 数⇒文字の順に書く
  4. 1は省略する
  5. 同じ文字の積は、累乗の形にする
  6. かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く
  7. 割り算は分数の形にする
  8. 分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略
  9. 足し算と引き算の+、-は省略しない

 

うわぁ

めっちゃルールあるし…

って思いましたよね(;^_^A

 

 

でも、一つ一つのルールは

そんなに難しいものではないので

すぐに覚えれると思います。

 

それでは

文字式の表し方のきまりを

1つずつ見ていきましょう。

 

① ×(かける)の記号は省略する

文字式では掛け算の記号は省略して表すのが決まりです。

このようにabの間の×の記号が省略されます。

掛け算する文字が増えても同様です。

 

② 文字はアルファベット順に並べ替える

文字はアルファベット順に並べ替えましょう。

どういうことかというと

こちらの文字式

①のルールに従っていくと

acbになってしまうのですが

この文字の順番を

アルファベット順に並べ替えないといけないっていうことです。

正確には

こうなります。

 

×を省略するだけでなく

文字の部分はアルファベット順に並べ替えるようにしましょう。

 

③ 数⇒文字の順に書く

数と文字の掛け算の場合、数⇒文字の順番に書きましょう。

つまり

こうではなくて

このように数⇒文字の順に書くようにしましょう。

 

④ 1は省略する

1をかける場合、1は省略して表します。

この場合、1aとは書かないで

このように1は省略しなければいけません。

 

ただし、1を省略するからと言って

こんな感じで1という数字があれば

なんでもかんでも省略するわけじゃないからね

 

あくまで省略するのは

1とー1のときだけね!

 

 

⑤ 同じ文字の積は、累乗の形にする

掛け合わせる文字の中に

同じ文字がある場合は累乗の形を用いて表します。

 

×を省略して、文字をアルファベット順に並び替えるだけでなく

同じ文字が含まれている場合には

このように累乗の形を使って表すようにしましょう。

 

⑥ かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く

この式のように

かっこの式と数をかける場合には

×を省略して、数はかっこの前に書くようにしましょう。

 

⑦ 割り算は分数の形にする

割り算の記号も省略して、分数の形にします

あれ?なんでbが下(分母)に来るの?

って思った方は

こちらを思い出してください。

割り算は、割る数を逆数にして

掛け算にチェンジすることができるんでしたね。

割る数(÷の後ろの数)が逆数になって

ひっくり返っちゃうから

bが下に来ているんですね!

 

もしも符号にマイナスが出てきた場合は

必ず分数の前に持ってくるようにしてください。

これも注意ですね。

 

⑧ 分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略する

かっこの付いた式を分数で表したとき

分子がかっこの式しかないときは

かっこを省略して表しましょう。

 

⑨ 足し算と引き算の+、-は省略しない

掛け算、割り算は省略する決まりでしたが

足し算、引き算の+、-は省略してはいけません。

このような文字式の場合

掛け算の×と割り算の÷は省略しますが

足し算の+は省略することができないので残しておきます。

 

 

以上、9点が文字式の表し方のきまりでした。

1つ1つはすごくシンプルだよね

でも、覚えなきゃいけないルールが多いので

問題をたくさん解きながら

体で覚えていってもらいたいな!

 

ルールを眺めているだけでは

なかなか身につかないからね

レッツ!演習!

 

 

文字式の演習問題に関しては

別記事でたっぷりとやっていきたいと思います^^

>>>【文字式の表し方】問題演習で理解を深めよう!

 

文字式の表し方 まとめ

最後にもう一度

文字式の表し方を確認しておきますね。

 

×(かける)の記号は省略する

文字はアルファベット順に並べ替える

数⇒文字の順に書く

1は省略する

同じ文字の積は、累乗の形にする

かっこの式と数との積では、かっこの前に数を書く

割り算は分数の形にする

分子全体にかっこがつくときは、かっこを省略

 

足し算と引き算の+、-は省略しない

 

文字式の表し方を身につけたら、次は文章題に突入!

みんなが苦手なパーセントや速さの表し方はすぐにマスターできちゃうから、サクッとやっちゃいましょう。

>【文字式】速さの問題をわかりやすく解く方法!

>【文字式】割合(パーセント)の問題をわかりやすく解く方法!

文字式の文章題をまとめて全部マスターしたい!という方は

>【文字式】数量の表し方、関係を表す式、単位の変換問題などを解説!

こちらのまとめ記事をどうぞ!

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。