文字式の筆算のやり方を解説!多項式の加法・減法

今回は文字式の筆算のやり方を解説していくよ!

 

筆算での計算は、中2で学習する『連立方程式』という単元で必要となってきます。

そんなに難しいものではありませんが

ちょっとしたコツが必要だったりします。

 

 

今回の記事を通して、しっかりとマスターしていきましょう!

 

文字式の筆算やり方

多項式の加法や減法を計算するときに

縦書きの筆算を用いて計算する方法があります。

例えば

$$\LARGE{(2a-3b)+(4a+6b)}$$

このような計算をするときには

同類項を縦に揃えて

筆算の形にします。

 

 

$$\LARGE{(2a^2+3)-(3a^2+5a-1)}$$

こういった式であれば

 

\(2a^2+3\)の式には\(a\)の項がないので

空白にして書いていきます。

 

それでは、筆算の書き方がわかったところで

計算方法を確認していきましょう。

加法の場合

加法の場合、上下にある同類項どうしを足していきます。

 

とってもシンプルですね!

減法の場合

減法の場合、計算をする前にちょっとした工夫が必要です。

 

このように

引き算を足し算に変えて

筆算の下にある式の符号をチェンジします。

 

そこからは加法と同様ですね。

 

なぜ?引き算にして符号をチェンジするの??

 

それはね

$$\LARGE{(2a-4b)-(-3a+2b)}$$

これを計算するとき

かっこの前にマイナスがついていたら

かっこをはずすときに符号もチェンジしたよね?

 

 

それを同じことを、筆算でもやっているってだけですね!

演習問題で理解を深める!

次の計算をしなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$4x-y$$

 

次の計算をしなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$5a-7b+2$$

 

次の計算をしなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$6x-y$$

引き算の場合にはちょっと工夫が必要でしたね。

 

引き算を足し算に変えて

下の式の符号をチェンジしてやりましょう。

 

あとは、計算あるのみです。

 

次の計算をしなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$-2x^2-9x+6$$

引き算の場合にはちょっと工夫が必要でしたね。

 

引き算を足し算に変えて

下の式の符号をチェンジしてやりましょう。

 

あとは、計算あるのみです。

 

文字式の筆算 まとめ

お疲れ様でした!

今回は文字式の筆算についてでしたが

そんなに難しいものではありませんでしたね。

 

文字式の筆算をやっていく上でのポイントは

  • 同類項を縦に揃えて書くこと
  • 引き算のときは、足し算に変えて符号をチェンジ

 

この2点をしっかりと覚えておけば大丈夫です(^^)

 

ちゃんとマスターできたかな??

まだ不安な方は、学校のワークなどを使って

たーくさん演習をやっていきましょう!

10問くらい解けば絶対に覚えれるからね

ファイトだー(/・ω・)/

 

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。