数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

【一次関数】増加量の問題ってどうやって解く?やり方を解説するぞ!

今回は、一次関数の単元から

\(x\)の増加量は?

\(y\)の増加量は?

ということを問われる問題について解説していくよ!

 

増加量に関する問題って、めちゃくちゃ頻出ってわけではありません。

だからこそ、たまに出題されたとき

増加量??なんじゃそりゃ…

と困ってしまう方が多いようです。

 

とっても簡単な問題なので、サクッと理解して頭の中に入れておきましょう(^^)

【一次関数】増加量の問題ってどうやって解く?やり方を解説するぞ!

【問題】

一次関数 \(y=2x-1\) について、\(x\) の値が\(-3\)から\(2\)まで増加したときの\(y\)の増加量を求めなさい。

増加量に関する問題ってこんな感じだよね。

一次関数の表を作ってしまえば、楽勝です。

$$x$$$$-3$$$$\cdots$$$$2$$
$$y$$

 

このように\(x\) のところに-3と2をかいた表を作ります。

そして、このときの\(y\) の値を求めていきます。

\(x=-3\)のとき

$$y=2\times (-3)-1\\ \\y=-6-1\\ \\y=-7$$

 

\(x=2\)のとき

$$y=2\times 2-1\\ \\y=4-1\\ \\y=3$$

 

このことから次のように表を埋めることができます。

$$x$$$$-3$$$$\cdots$$$$2$$
$$y$$$$\color{red}{-7}$$$$\cdots$$ $$\color{red}{3}$$

 

すると、\(x\) の値が\(-3\)から\(2\)まで増加したとき、\(y\) の値は\(-7\)から\(3\)まで増加したことが読み取れます。

じゃぁ、\(y\)の値ってどれくらい増加したの?と問われれば

$$(yの増加量)=(変化後の値)-(変化前の値)$$

$$(yの増加量)=3-(-7)=\color{red}{10}$$

このように\(y\)の増加量を求めることができました!

 

簡単ですよね♪

\(x\)の値が増えたら、\(y\)はどれくらい増えてんの?

って問われてるってことだから、表を作って見比べれば、すぐに分かっちゃうよね(^^)

 

まぁ、表を書いて見比べていけば簡単に解けるんだけど

実はもっと簡単に増加量の問題を解く方法がある!

それは、変化の割合を使った解き方です。

次の章では変化の割合って?ということにも触れながら解き方を解説していきます。

変化の割合を使って増加量を考える

変化の割合って、なんのことだったか覚えてるかな?

 

変化の割合とは、\(x\)の増加量に対する\(y\)の増加量の割合のことで、次のような式で求めることができます。

$$変化の割合=\frac{yの増加量}{xの増加量}$$

更に、一次関数の変化の割合は傾きに等しいという特徴があります。

 

んー、増加量の割合…ちょっと説明がむずいぞ

って思われた方もいるでしょう(^^;)

私もそう思いますからw

 

だから、変化の割合を簡単に言い換えてみますね。

すると、こんな感じ!

一次関数の変化の割合とは、\(x\)が1増加したときに\(y\)がどれくらい増加するのか?

を表した数のこと。

変化の割合は一次関数の傾きと等しい値になるので、式を見ればすぐに求めることができます。

 

それでは、このことを頭に入れておいて先ほどの問題をもう一度見てみましょう。

【問題】

一次関数 \(y=2x-1\) について、\(x\) の値が\(-3\)から\(2\)まで増加したときの\(y\)の増加量を求めなさい。

一次関数の式から、傾きが2だということが読み取れます。

よって、変化の割合も同じく2だということが分かりますね。

 

変化の割合が2ということは、この一次関数は\(x\)が1増加すると\(y\)は2増加するということになります。

 

ってことはですよ!

\(x\) の値が\(-3\)から\(2\)まで増加したとき

つまり、\((xの増加量)=2-(-3)=5\)となり

\(x\)が5だけ増加しているのだから、\(y\)の増加量は

$$(yの増加量)=2\times 5=\color{red}{10}$$

 

このようにして求めることができます。

変化の割合についての知識を持っていれば、表を書くことなくすぐに求めることができましたね(^^)

上でやった計算を公式っぽくまとめておくと次のようになります。

$$(yの増加量)=(変化の割合)\times (xの増加量)$$

ただし、公式として丸暗記しておくのではなく

一次関数の変化の割合とは、\(x\)が1増加したときに\(y\)がどれくらい増加するのかを表している。

ということをしっかりと頭に入れておいてください。

その方がいろんな問題で応用がきいてくるからね(^^)

スポンサーリンク

一次関数の増加量に関する練習問題に挑戦!

【問題】

一次関数 \(y=3x+5\) について、\(x\) の値が\(-1\)から\(5\)まで増加したときの\(y\)の増加量を求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$\color{red}{18}$$

一次関数の式から、変化の割合は3

\((xの増加量)=5-(-1)=6\)となるので

$$(yの増加量)=3\times 6=18$$

 

【問題】

一次関数 \(y=-3x+5\) について、\(x\) の値が\(3\)から\(5\)まで増加したときの\(y\)の増加量を求めなさい。

解説&答えはこちら

答え

$$\color{red}{-6}$$

一次関数の式から、変化の割合は-3

\((xの増加量)=5-3=2\)となるので

$$(yの増加量)=-3\times 2=-6$$

 

一次関数の増加量に関する問題まとめ!

お疲れ様でした!

増加量に関する問題については、これでバッチリかな?

一次関数の表を作ってしまえば、簡単に解くことができましたね。

 

また、変化の割合についての知識を持っていれば、もっと簡単に解くことができました(^^)

テストや入試に、たくさん出てくるような問題ではありませんが、たまーに忘れたころに出題されたりします(^^;)

そんなときに、慌ててしまわないように準備しておきたいですね。

 

ってわけで、今回は以上!

ファイトだ(/・ω・)/

 

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額1980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。