【一次関数】x軸上で交わる直線の式の求め方を解説!

一次関数の単元の中で

「\(x\)軸上で交わる直線の式を求めなさい」

という問題の解き方について解説します。

学校教科書の問いとして出題されていることもあって質問が多い1問です。

グラフが点\((−2,2)\)を通り、直線\(y=x-6\)と\(x\)軸上で交わる直線の式を求めなさい。

 

この記事を通してサクッと3分で理解しちゃいましょう!

x軸上で交わる直線の式は座標を求めることが大事!

グラフが点\((−2,2)\)を通り、直線\(y=x-6\)と\(x\)軸上で交わる直線の式を求めなさい。

解き方の手順は次の通り

  1. \(x\)軸との交点の座標を求める
  2. ①と\((-2,2)\)を通る直線の式を求める
  3. 完成!
\(y=x-6\)と\(x\)軸上で交わるというのは

こんな感じです。

なので、まずは\(y=x-6\)と\(x\)軸との交点を求めましょう。

交点の求め方を忘れちゃった方はこちらで復習を!

⇒ 【一次関数】座標の求め方は?いろんな座標を求める問題について解説!

 

\(x\)軸との交点は、\(y=0\)を代入することで求めれましたね。

なので、\(y=x-6\)に\(y=0\)を代入すると…

$$\begin{eqnarray}0&=&x-6\\[5pt]6&=&x \end{eqnarray}$$

\(x\)軸との交点の座標は、\((6,0)\)となります。

 

これによって、求めたい直線の式は

\((-2,2)\)と\(6,0\)を通るってことが分かったので、あとは2点を通る直線の式の求め方をやればOKです。

 

よって、答えは\(\color{red}{y=-\frac{1}{4}x+\frac{3}{2}}\)となります。

 

ちなみに今回の問題は、こちらの動画でも解説しています(/・ω・)/

 

 

まとめ!

「\(x\)軸上で交わる直線」という問題は

まず、\(y=0\)を代入して\(x\)軸との交点を求める。

そして、その座標を用いて2点を通る直線の式を求めるやり方でやっていけばOK!

 

難しそうに見えた問題だけど

実際には楽勝だね!

これでテストも得点アップ間違いなし!

ファイトだ(/・ω・)/

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。