【中3】式の計算の利用~円、正方形の図形の証明をイチから~

今回は中3で学習する式の計算の利用から

「円、正方形の図形に関する証明」を解説していきます。

取り上げるのは、こういった図形の問題です。

難しそうに見える問題だけど、

手順を覚えてしまえば簡単に解くことができるようになります!

というわけで、それぞれの問題についてみていきましょう。

 

今回の内容はこちらの動画でも解説しています。動画でサクッと理解しておきましょう!

式の計算の利用

この単元の証明では「\(S=al\)となることを証明しなさい」というのが一般的です。

この証明をするには以下の手順で取り組んでいきましょう。

証明の手順
  1. \(S\)を文字で表す
  2. \(al\)を文字で表す
  3. ①②が同じ式になることを確かめて \(S=al\)を証明する

正方形の図形による証明

下の図のような2つの正方形にはさまれた幅 \(a\) mの道がある。この道の面積を\(S\)㎡,道の真ん中を通る線の長さを\( l \) mとするとき,\(S=al \)となることを証明しなさい。

手順に沿って、まずはS(道の面積)を文字で表していきましょう。

道の面積を表すためには、

このように大きな正方形から小さい正方形を取り除いて考えましょう。

このとき、大きい正方形の1辺の長さは \((x+2a)\)mになることもポイントですね。

あとはこれを計算していくと、

$$\begin{eqnarray}S&=&(x^2+4ax+4a^2)-x^2\\[5pt]&=&\color{red}{4ax+4a^2\cdots①} \end{eqnarray}$$

 

\(S\)が表せたら、次は\(al\)の式を作るために \(l\) を文字で表していきましょう。

次の図のように、\(l\)は1辺が\((x+a)\)mの正方形の周の長さです。

よって、\(l\)の長さは\((x+a)\)を4つ分あわせたものだから

\(l=(x+a)\times 4=(4x+4a)m\) と表すことができます。

\(l\) が道の真ん中を通っているので、道幅の半分である \(\frac{a}{2}\)mという値を用いるのが、慣れるまではちょっと難しく感じるかもしれませんね(^^;)

ですが、今回の単元では道の真ん中を通るような図形を用いることが多いので、がんばって慣れていきましょう!

 

そして、\(l\)が表せたところで\(al\) を文字で表していきましょう。

$$\begin{eqnarray}al&=&a(4x+4a)\\[5pt]&=&\color{red}{4ax+4a^2\cdots②} \end{eqnarray}$$

 

すると、①②より

これで証明完了となります!

 

\(S\)を文字で表す。

\(al\)を文字で表す。

それぞれが同じ式になったから、\(S\)と\(al\)は同じだね!

この流れで証明が完了となります。

証明問題ではありますが、やっていることはただの計算って感じだね(^^)

 

次の円についても同じ流れで解いていくことができます。

円の図形による証明

半径\(r\) mの円の周囲に,幅\(a\) mの道がある。この道の面積を\(S\) ㎡,道の真ん中を通る円周の長さを\(l\) mとするとき,\(S=al\) であることを証明しなさい。

 

まずは、大きな円から小さい円を取り除いて道の面積Sを求めましょう。

今回は円なので、半径の大きさに注目しながら面積を求めてくださいね。

円の面積を忘れていた人は…喝だッ!

しっかりと思い出しておいてくださいね(-_-)/

 

これを計算していくと、

$$\begin{eqnarray}S&=&\pi(r^2+2ar+a^2)-\pi r^2\\[5pt]&=&\pi r^2+2\pi ar+\pi a^2-\pi r^2\\[5pt]&=&\color{red}{2\pi ar+\pi a^2\cdots①} \end{eqnarray}$$

 

\(S\)が表せたら、次は\(al\)の式を作るために \(l\) を文字で表していきましょう。

次の図のように、\(l\)は半径が\(\left( x+\frac{a}{2} \right) \)mの円周の長さです。

道の真ん中を通っているので、\(\frac{a}{2}\)という値を使いましょう。

円周の長さは、\(2\times \pi \times (半径)\)なので、

$$\begin{eqnarray}l&=&2\times \pi \times \left( r+\frac{a}{2}\right) \\[5pt]&=&2\pi r+\pi a \end{eqnarray}$$

$$\begin{eqnarray}al&=&a(2\pi r+\pi a)\\[5pt]&=&\color{red}{2\pi ar+\pi a^2\cdots②} \end{eqnarray}$$

 

すると、①②より

まとめ

お疲れさまでした!

証明の流れは理解できましたか??

やっていることは、文字を使って面積や長さを表しているだけですよね^^

どこの辺、長さに注目すればいいのか知っておけば簡単に解けるようになります。

あとは、たくさん練習しておいてくださいね!

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。