【直線と直線の距離】平行な2直線の距離を求める方法を解説!サクッと解けちゃうぞ!

今回は、「平行な2直線の距離」を求める問題について解説していきます。

直線と直線の距離とは、次のような問題ですね。

【問題】

2直線 \(5x+4y=10\)、\(5x+4y=30\)の間の距離を求めなさい。

 

この問題を解くためには、点と直線の距離を求める公式を使いこなせる必要があります。

ちょっと不安だ…という方は

>【点と直線の距離】公式の覚え方と使い方をイチから解説するぞ!

こちらの記事で確認しておいてください。

【直線と直線の距離】平行な2直線の距離を求める方法を解説!

それでは、問題を解いてみましょう。

【問題】

2直線 \(5x+4y=10\)、\(5x+4y=30\)の間の距離を求めなさい。

手順はとってもシンプルです。

平行な2直線の距離を求める手順!

  1. 直線上の点の座標を求める
  2. ①の点ともう一方の直線の距離を求める
  3. 完成!

それでは、手順に従ってやっていきましょう。

まずは、直線上の点の座標を求めます。

\(5x+4y=10\) の式に \(y=0\) を代入すると

$$\begin{eqnarray}5x&=&10\\[5pt]x&=&2 \end{eqnarray}$$

つまり、\(5x+4y=10\) の直線上に\((2,0)\) という点があるということが分かります。

直線上の点の座標を求めるとき

今後の計算をなるべくラクにしたいので、\(x=0\) もしくは\(y=0\) を代入してシンプルな値の座標を求めましょう。

 

次に、\((2,0)\) ともう一方の直線\(5x+4y=30\) の距離を求めましょう。

点と直線の距離を求める公式点\((x_1,y_1)\)と直線\(ax+by+c=0\)の距離

$$\frac{|ax_1+by_1+c|}{\sqrt{a^2+b^2}}$$

 

$$\begin{eqnarray}\frac{|10+0-30|}{\sqrt{5^2+4^2}}&=&\frac{20}{\sqrt{41}} \\[5pt]&=&\frac{20\sqrt{41}}{\sqrt{41}}\end{eqnarray}$$

これで完成!

 

平行な2直線の距離を求める公式はありません。

なので、点と直線の距離の公式を用いて求めていきます。

点と直線の公式に当てはめるためには、点の座標が必要ですね。

というわけで、まずは点の座標を求める!というわけです。

 

考え方と手順を知ってしまえば、とっても簡単な問題でしたね(^^)

【直線と直線の距離】平行な2直線の距離の求め方まとめ!

お疲れ様でした!

最後に手順を確認しておきましょう。

平行な2直線の距離を求める手順!

  1. 直線上の点の座標を求める
  2. ①の点ともう一方の直線の距離を求める
  3. 完成!

 

今回の問題は意味が分かれば簡単なものです。

サクッと得点しちゃいましょう(/・ω・)/

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。