【接線と弦のつくる角の定理】問題の解き方、証明をサクッと解説!

今回は高校数学Aで学習する

「円の接線と弦の作る角」

についてサクッと解説していきます。

 

円の接線と弦の作る角とは、

接弦定理とも呼ばれ、次のような定理のことです。

接線と弦のつくる角の定理とは?

【接線と弦のつくる角の定理】

円の接線とその接点を通る弦のつくる角は、その角の内部にある弧に対する円周角に等しくなる。

うーん…説明だけを見ても

何を言っているのかサッパリ分かりませんね(^^;)

 

図を見ながらイチから解説していきますね。

まずは、円と接線があったとき

 

次に、接点を通る弦を引いてみます。

このとき、接線と弦のなす角ができますね。

この角を含む弧に対する円周角を考えます。

すると、この2つの角は同じ大きさになっているのです。

これが円の接線と弦のつくる角の定理です。

 

イメージとしては

接点にピタッと内接している三角形は

クロスする位置の角が同じだ!

って感じで覚えてもらえるといいかと思います(^^)

接線と弦のつくる角の定理の証明

では、なぜこのような定理が成り立つのか。

簡単に確認しておきましょう!

 

なぜ、次のような位置にある角の大きさが等しくなるのでしょうか。

 

これを考えるには、まず

接点から、直径になるように線を引いて

下の図のような三角形を考えます。

 

すると、次の図のように

90°の角、円周角の定理によって同じ大きさの角が見つかりますね。

 

すると…

こんな感じで計算ができるので

クロスする位置にある角は同じ値になることが分かりましたね(^^)

 

接線と弦のつくる角【問題】

【問題】

次の図で、\(x\)の大きさを求めなさい。ただし、直線は円に接している。

解説&答えはこちら

【答え】

$$30°$$

クロスする位置が等しくなるでしたね!

 

【問題】

次の図で、\(x\)の大きさを求めなさい。ただし、直線は円に接している。

解説&答えはこちら

【答え】

$$30°$$

このままでは定理が使えないので、補助線を引いてから考えましょう。

 

まとめ!

お疲れ様でした!

最後にもう1度、円の接線と弦のつくる角の定理を確認しておきましょう。

【接線と弦のつくる角の定理】

円の接線とその接点を通る弦のつくる角は、その角の内部にある弧に対する円周角に等しくなる。

うん、文で確認するとややこしすぎるw

 

なので、図でイメージできるようにしておけばOK。

クロスするとことが同じ!

 

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。