数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

 

数スタのオンラインショップ開設!

⇒ 数スタ STORE

中3受験生向けの演習課題を無料配布中!

【三平方の定理】円錐の高さが??体積を求める問題を解説!

今回は中3で学習する

『三平方の定理』

の利用問題について解説していくよ!

 

こんな問題見たことあるかな?

 

1年生のときによく出てきたような体積を求める問題なんだけど

今までとはちょっと違うような…

そうです!

高さが書いてありませんっ!!

 

 

高さが分からないのに

どうやって体積を求めればいいんだろう…

 

と、困ってしまう場面で

役に立つのが三平方の定理なのです。

 

 

それでは、解説していくよー!

 

三平方の定理の基礎については

こちらの記事を参考にしてくださいね(^^)

【三平方の定理】覚えておきたい基本公式を解説!

2017.12.01
スポンサーリンク

円錐の高さを求める方法!

それでは、どのように円錐の高さを求めればよいのかを解説していきます。

 

まずは、円錐の中から直角三角形を見つけます。

そして、三平方の定理を使って直角三角形の高さを求めれば

$$8^2=4^2+x^2$$

$$64=16+x^2$$

$$x^2=64-16$$

$$x^2=48$$

$$x=\pm 4\sqrt{3}$$

\(x>0\)だから

$$x=4\sqrt{3}$$

 

これで、円錐の高さを求めたことになります。

 

 

うーん…

めっちゃ簡単だった。

 

円錐の体積を求める!

高さがわかれば体積を求めることができますね。

円錐の体積の求め方を確認しておくと

こうでしたね。

コレに当てはめて考えていきましょう。

 

底面積は円の面積公式\(\pi r^2\)に当てはめて

$$\pi \times 4^2=16\pi$$

となるので、体積は

$$16\pi \times 4\sqrt{3} \times \frac{1}{3}$$

$$=\frac{64}{3}\sqrt{3}\pi cm^3$$

となりました。

 

三平方の定理を使って

高さを求めることができれば

あとは1年生で学習したことを使って求めることができます。

 

いくつか練習問題を用意しておきました。

理解を深めるために挑戦してみてください!

演習問題で理解を深める!

次のような立体の体積を求めなさい。

 

(1)答えはこちら

直角三角形を見つけて

三平方の定理から高さを求めます。

$$9^2=6^2+x^2$$

$$81=36+x^2$$

$$x^2=81-36$$

$$x^2=45$$

$$x=\pm 3\sqrt{5}$$

\(x>0\)だから

$$x=3\sqrt{5}$$

 

高さがわかれば、体積の公式に当てはめて計算していきます。

底面積は\(\pi \times 6^2=36\pi\)となるので

$$36\pi \times 3\sqrt{5} \times \frac{1}{3}$$

$$=36\sqrt{5}\pi$$

 

(1)答え

$$36\sqrt{5}\pi cm^3$$

 

(2)答えはこちら

直角三角形を見つけて

三平方の定理から高さを求めます。

$$12^2=3^2+x^2$$

$$144=9+x^2$$

$$x^2=144-9$$

$$x^2=135$$

$$x=\pm 3\sqrt{15}$$

\(x>0\)だから

$$x=3\sqrt{15}$$

 

高さがわかれば、体積の公式に当てはめて計算していきます。

底面積は\(\pi \times 3^2=9\pi\)となるので

$$9\pi \times 3\sqrt{15} \times \frac{1}{3}$$

$$=9\sqrt{15}\pi$$

 

(2)答え

$$9\sqrt{15}\pi cm^3$$

スポンサーリンク

円錐の展開図パターン!

ここからは、ちょっとひねった問題を解説していきます。

やっていくことは同じなんだけで

いじわるな出題者は、ちょっと違った見方で問題を出してきます。

次のような展開図になる立体の体積を求めなさい。

 

まさかの展開図!!

 

ですが、ここは落ち着いて

展開図を立体にしてやりましょう。

 

ここまで持ってくることができれば

今までの問題と同じだと考えることができますね。

展開図の場合、最初に組み立て作業が加わるだけで

全然難しくないからね!

 

答えを求めておくと

高さは

$$6^2=2^2+x^2$$

$$x=4\sqrt{2}$$

 

体積は

$$4\pi \times 4\sqrt{2} \times \frac{1}{3}$$

$$=\frac{16}{3}\sqrt{2}\pi cm^3$$

となります。

 

これで

展開図で出されても大丈夫ですね!

スポンサーリンク

半径がわからないパターン

ここまでずっと

円錐の高さのことばかり言ってきましたが

次の立体の体積を求めなさい。

 

このように半径がわからなくなっているパターンもあります。

 

この場合でも、やることは同じです。

円錐の中から直角三角形を見つけて

三平方の定理を利用して半径を求めます。

$$5^2=x^2+4^2$$

$$x^2=9$$

$$x=3$$

 

半径がわかれば

底面積を求めて

$$\pi \times 3^2=9\pi$$

体積の公式に当てはめて

$$9\pi \times 4 \times \frac{1}{3}$$

$$=12\pi cm^3$$

となります。

 

半径がわからない場合でも

考え方は、高さを求めるときと同じですね!

 

円錐の体積を求める方法 まとめ

お疲れ様でした!

 

円錐の体積を求めるときに

高さや半径がわからない場合

このように直角三角形を見つけて

三平方の定理を利用することで

わからないところの長さを求めるようにしましょう!

 

 

コレで円錐の体積問題はこわくないぞ!

どんどん問題に挑戦していこう。

ファイトだー(/・ω・)/

 

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。