数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

 

数スタのオンラインショップ開設!

⇒ 数スタ STORE

中3受験生向けの演習課題を無料配布中!

【数Ⅱ】定積分を含む関数のやり方をていねいにイチから解説!

高校数学Ⅱで学習する積分の単元から

「定積分を含む関数の求め方」

についてイチから解説していきます。

 

こんなやつですね!

【問題】

次の等式を満たす関数\(f(x)\)を求めよ。

$$f(x)=4x+2\int_0^2 f(t) dt$$

これは、すごーく質問が多い問題です。

途中で何をやってるのかが分からなくなりやすいんですよね。

 

なので、解き方の手順をイチからていねいに解説していきますね!

定積分を含む関数のやり方手順

【問題】

次の等式を満たす関数\(f(x)\)を求めよ。

$$f(x)=4x+2\int_0^2 f(t) dt$$

 

まず、関数の中に入っている定積部分\(\int_0^2 f(t)dt\)は、

上端2、下端0ともに定数だから

\(\int_0^2 f(t)dt\)の部分も定数になることがわかります。

 

なので、\(\int_0^2 f(t)dt=a(定数)\) とおいて考えていきます。

すると、\(f(x)\)は上のように置き換えることができます。

 

この\(f(x)=4x+2a\)を\(t\)に置き換え、

これを最初に置いた、\(\int_0^2 f(t)dt=a\)に代入して計算していくと

このようになります。

 

あとはこちらを計算していけば\(a\)の値が求まります。

$$\begin{eqnarray}\int_0^2 (4t+2a)dt&=&a\\[5pt][2t^2+2at]_0^2&=&a\\[5pt]8+4a&=&a\\[5pt]3a&=&-8\\[5pt]a&=&-\frac{8}{3} \end{eqnarray}$$

 

\(a\)の値が求まったので、

\(f(x)=4x+2a\)に代入すれば完成となります。

$$\begin{eqnarray}f(x)&=&4x+2\times (-\frac{8}{3})\\[5pt]&=&4x-\frac{16}{3}\cdots(解) \end{eqnarray}$$

 

手順まとめ!
  1. 関数の中にある定積分を\(a\)とする。
  2. \(f(x)\)を\(a\)で置き換える。
  3. ②の式から\(x\)を\(t\)にした式を作る。
  4. ③を①の式に代入して、\(a\)の値を求める。
  5. ④を②に代入すれば式の完成!

例題に挑戦!

では、理解を深めるためにいくつか例題を確認しておきましょう。

【問題】

次の等式を満たす関数\(f(x)\)を求めよ。

$$f(x)=3x^2-4+\int_{-1}^2 xf(t) dt$$

こちらも先ほどと同じように解いていくのですが、

1つ気を付ける点があります。

定積分の中に入っている\(x\)は外に出してから

置き換えをするようにしてください。

 

ここを乗り越えたら

先ほどとやり方は同じです!

\(\int_{-1}^2 f(t)dt=a(定数)\)とすると、

\(f(x)=3x^2-4+ax\) となります。

 

よって、\(f(t)=3t^2+at-4\) と表せるので

これを \(\int_{-1}^2 f(t)dt=a\) に代入すると

$$\begin{eqnarray}\int_{-1}^2 (3t^2+at-4)dt&=&a\\[5pt][t^3+\frac{1}{2}at^2-4t]_{-1}^2&=&a\\[5pt](8+2a-8)-(-1+\frac{1}{2}a+4)&=&a\\[5pt]\frac{3}{2}a-3&=&a\\[5pt]\frac{1}{2}a&=&3\\[5pt]a&=&6 \end{eqnarray}$$

 

\(a=6\) を\(f(x)=3x^2-4+ax\)に代入したら完成ですね!

$$f(x)=3x^2+6x-4\cdots(解)$$

となります。

 

【問題】

次の等式を満たす関数\(f(x)\)を求めよ。

$$f(x)=x\int_0^1 f(t) dt+\int_0^1tf(t)dt+1$$

ふ、2つも定積分が入ってるけど…!?

と、見た目で戸惑ってしまいますね(^^;)

 

ですが、やることはシンプル!

定積分が2つあるなら、それぞれ違う文字で置いてやればOK。

\(\int_0^1 f(t)dt=a\), \(\int_0^1 tf(t)dt=b\) とすると

 

さらに、\(f(t)=at+b+1\)だから

\(\int_0^1 f(t)dt=a\)に代入すると

$$\begin{eqnarray}\int_0^1 (at+b+1)dt&=&a\\[5pt][\frac{1}{2}at^2+bt+t]_0^1&=&a\\[5pt]\frac{1}{2}a+b+1&=&a\\[5pt]a+2b+2&=&2a\\[5pt]a-2b&=&2\cdots① \end{eqnarray}$$

 

\(\int_0^1 tf(t)dt=b\)に代入すると

$$\begin{eqnarray}\int_0^1 t(at+b+1)dt&=&b\\[5pt][\frac{1}{3}at^3+\frac{1}{2}bt^2+\frac{1}{2}t^2]_0^1&=&b\\[5pt]\frac{1}{3}a+\frac{1}{2}b+\frac{1}{2}&=&b\\[5pt]2a+3b+3&=&6b\\[5pt]2a-3b&=&-3\cdots② \end{eqnarray}$$

 

このように2本式が作れたら

①②をそれぞれ連立方程式で解いていきましょう。

$$\begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} a-2b=2 \\ 2a-3b=-3 \end{array} \right. \end{eqnarray}$$

これを解くと、\(a=-12,\) \(b=-7\)となります。

 

よって、それぞれの値を\(f(x)=ax+b+1\)に代入すると

$$f(x)=-12x-6\cdots(解)$$

となります。

まとめ!

そんなに計算量が多いわけではないのですが

途中の式がちょっとややこしい問題ですね(^^;)

 

気を抜くと、

あれ?自分は今どこの手順をやってるんだっけ?

というのが分からなくなってしまいます。

 

なので、とにかく

たくさん問題を解いて、考えていなくても

手がスラスラと動くようにしておきたいですね!

 

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。