平均変化率とは?公式がややこしく見えるけど大丈夫!わかりやすく解いてみよう!




高校数学Ⅱで学習する「微分」の単元から

平均変化率の求め方

についてサクッと解説していきます。

 

平均変化率の公式とは、次のようなものです。

【平均変化率とは】

関数\(y=f(x)\)において、\(x\)の値が\(a\)から\(b\)まで変化するとき

$$\frac{f(b)-f(a)}{b-a}$$

を\(x=a \)から\(x=b \)までの、\(f(x)\)の平均変化率という。

この説明だけ見て、どうかな…?

式が難しく見えちゃって、何を言ってるのかマジ不明!

って感じだね(^^;)

 

というわけで、今回の記事では

そんな平均変化率の問題について

あ、こんなに簡単なことなのか!

と思ってもらえるように解き方を解説していきます。

平均変化率の求め方

平均変化率?

なんじゃそりゃ…って思っている方も多いと思います。

ですが、実は中学の時に「変化の割合」という名前で一度習っているんですよ!

つまり、平均変化率と変化の割合は同じ求め方ってことになります。

 

変化の割合とは

このように、それぞれの増加量を割ったモノでしたね。

 

これをかっこよく式で表したもの

それが平均変化率の公式ってことになります。

なので、完全に新しいことをやるってわけではないので

あまり難しく考えないようにしてくださいね(^^)

 

では、実際に問題の解き方を確認してみましょう!

【問題】

関数\(f(x)=x^2\)において、\(x\)の値が\(1\)から\(3\)まで変化するときの平均変化率を求めなさい。

 

\(f(1)\)っていうのは、\(f(x)=x^2\)に\(x=1\)を代入した値のことですね。

だから、\(f(1)=1^2=1\)となります。

同じように、\(f(3)=3^2=9\)。

 

よって、平均変化率は

$$\begin{eqnarray}\frac{f(3)-f(1)}{3-1}&=&\frac{9-1}{2}\\[5pt]&=&4\cdots(解) \end{eqnarray}$$

となります。

簡単ですね(^^)

 

では、少しずつ複雑にしていきましょう。

【問題】

関数\(f(x)=x^2-5x\)において、\(x\)の値が\(1\)から\(1+h\)まで変化するときの平均変化率を求めなさい。

\(1+h\)!?

となってしまいそうですが、やり方は同じです。

式が複雑に見えますが、形としては同じだよね!

$$f(1)=1^2-5\times 1=1-5=-4$$

$$\begin{eqnarray}f(1+h)&=&(1+h)^2-5(1+h)\\[5pt]&=&1+2h+h^2-5-5h=h^2-3h-4 \end{eqnarray}$$

よって、平均変化率は

$$\begin{eqnarray}\frac{f(1+h)-f(1)}{(1+h)-1}&=&\frac{(h^2-3h-4)-(-4)}{h}\\[5pt]&=&\frac{h^2-3h}{h}\\[5pt]&=&h-3\cdots(解) \end{eqnarray}$$

ちょっと計算がめんどうではありますが

やり方が分からないってことはないですね!

 

まとめ!

お疲れ様でした!

平均変化率は、公式の見た目が難しそうではありますが

実際にやってることは至ってシンプル

\(x,y\)の変化量を求めて割ってるだけですね。

 

ただ、\(1+h\)などの値を考える場合には

計算量が多くなっちゃうので、

ミスをしないように途中式をていねいに書いて計算しましょう!

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。