平均変化率とは?公式がややこしく見えるけど大丈夫!わかりやすく解いてみよう!




高校数学Ⅱで学習する「微分」の単元から

平均変化率の求め方

についてサクッと解説していきます。

 

平均変化率の公式とは、次のようなものです。

【平均変化率とは】

関数\(y=f(x)\)において、\(x\)の値が\(a\)から\(b\)まで変化するとき

$$\frac{f(b)-f(a)}{b-a}$$

を\(x=a \)から\(x=b \)までの、\(f(x)\)の平均変化率という。

この説明だけ見て、どうかな…?

式が難しく見えちゃって、何を言ってるのかマジ不明!

って感じだね(^^;)

 

というわけで、今回の記事では

そんな平均変化率の問題について

あ、こんなに簡単なことなのか!

と思ってもらえるように解き方を解説していきます。

平均変化率の求め方

平均変化率?

なんじゃそりゃ…って思っている方も多いと思います。

ですが、実は中学の時に「変化の割合」という名前で一度習っているんですよ!

つまり、平均変化率と変化の割合は同じ求め方ってことになります。

 

変化の割合とは

このように、それぞれの増加量を割ったモノでしたね。

 

これをかっこよく式で表したもの

それが平均変化率の公式ってことになります。

なので、完全に新しいことをやるってわけではないので

あまり難しく考えないようにしてくださいね(^^)

 

では、実際に問題の解き方を確認してみましょう!

【問題】

関数\(f(x)=x^2\)において、\(x\)の値が\(1\)から\(3\)まで変化するときの平均変化率を求めなさい。

 

\(f(1)\)っていうのは、\(f(x)=x^2\)に\(x=1\)を代入した値のことですね。

だから、\(f(1)=1^2=1\)となります。

同じように、\(f(3)=3^2=9\)。

 

よって、平均変化率は

$$\begin{eqnarray}\frac{f(3)-f(1)}{3-1}&=&\frac{9-1}{2}\\[5pt]&=&4\cdots(解) \end{eqnarray}$$

となります。

簡単ですね(^^)

 

では、少しずつ複雑にしていきましょう。

【問題】

関数\(f(x)=x^2-5x\)において、\(x\)の値が\(1\)から\(1+h\)まで変化するときの平均変化率を求めなさい。

\(1+h\)!?

となってしまいそうですが、やり方は同じです。

式が複雑に見えますが、形としては同じだよね!

$$f(1)=1^2-5\times 1=1-5=-4$$

$$\begin{eqnarray}f(1+h)&=&(1+h)^2-5(1+h)\\[5pt]&=&1+2h+h^2-5-5h=h^2-3h-4 \end{eqnarray}$$

よって、平均変化率は

$$\begin{eqnarray}\frac{f(1+h)-f(1)}{(1+h)-1}&=&\frac{(h^2-3h-4)-(-4)}{h}\\[5pt]&=&\frac{h^2-3h}{h}\\[5pt]&=&h-3\cdots(解) \end{eqnarray}$$

ちょっと計算がめんどうではありますが

やり方が分からないってことはないですね!

 

まとめ!

お疲れ様でした!

平均変化率は、公式の見た目が難しそうではありますが

実際にやってることは至ってシンプル

\(x,y\)の変化量を求めて割ってるだけですね。

 

ただ、\(1+h\)などの値を考える場合には

計算量が多くなっちゃうので、

ミスをしないように途中式をていねいに書いて計算しましょう!

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。