展開式の係数の求め方!二項定理を使ったやり方をイチからやってみよう!

今回の記事では、高校数学Ⅱで学習する

「展開式の係数の求め方」

について、やり方をイチから確認していきます。

 

挑戦していく問題はこちら!

【問題】

次の展開式において、[  ]内に指定された項の係数を求めよ。

(1)\((x-2y)^6\)  [\(xy^5\)]

(2)\(\left( x+\frac{3}{x}\right)^4\) [\(x^2\)] [定数項]

(3)\((x+y-3z)^8\) [\(x^5yz^2\)]

(4)\((x^2+x+1)^8\) [\(x^4\)]

二項定理を確認!

二項定理

$$\begin{eqnarray}(a+b)^n={}_n \mathrm{ C }_0 a^n+ {}_n \mathrm{ C }_1 a^{n-1}b+\cdots+{}_n \mathrm{ C }_r a^{n-r}b^r+\cdots {}_n \mathrm{ C }_n b^n\end{eqnarray}$$

\({}_n \mathrm{ C }_r a^{n-r}b^r\) を展開式の一般項といいます。

この一般項を利用して、展開式の係数を求めていきます。

(1)の解説、二項定理を使った基礎問題

【問題】

(1)\((x-2y)^6\)  [\(xy^5\)]

こちらを二項定理を使って展開をしていくと、

一般項は次のような形になり、\(xy^5\)になるための\(r\)の値を見つけることができます。

 

\(r=5\)になることが分かれば、一般項にあてはめて計算をしていきましょう。

$$\begin{eqnarray}{}_6 \mathrm{ C }_5 x^{6-5}\cdot(-2y)^5&=&6\cdot x \cdot (-32y^5)\\[5pt]&=&-192xy^5 \end{eqnarray}$$

よって、\(xy^5\)の係数は\(-192\)であることが求まりました。

 

答え

$$-192$$

 

(2)の解説、約分ができるので注意!定数項は?

【問題】

(2)\(\left( x+\frac{3}{x}\right)^4\) [\(x^2\)] [定数項]

まずは、\(x^2\)の係数を考えてみましょう。

こちらも一般項を作って、\(r\)の値を見つけます。

今回の問題のように、分母に文字がある場合には、

一般項を整理するときに約分が必要になります。

ここでの約分は指数法則を利用して、

画像にある通り、(上の指数)ー(下の指数)でまとめていきましょう。

すると、\(r=1\)のときだと分かったので、

$$\begin{eqnarray}{}_4 \mathrm{ C }_1 3^1\cdot x^{4-2}&=&4\cdot3\cdot x^2\\[5pt]&=&12x^2 \end{eqnarray}$$

よって、\(x^2\)の係数は\(12\)であることが求まりました。

 

 

次に、定数項について考えてみましょう。

定数項とは、文字がなくなって数だけになっている部分のことですね。

つまり、\(x\)の次数が0になっている項ということになります。

よって、

$$\begin{eqnarray}{}_4 \mathrm{ C }_2 3^2\cdot x^{4-4}&=&6\cdot 9\\[5pt]&=&54 \end{eqnarray}$$

定数項は\(54\)となります。

 

答え

$$x^2:12  定数項:54$$

 

(3)の解説、3項ある場合の考え方

【問題】

(3)\((x+y-3z)^8\) [\(x^5yz^2\)]

3項ある場合の一般項は次のように考えます。

\((a+b+c)^n\)の展開式の一般項は

$$\frac{n!}{p!q!r!}a^pb^qc^r$$

$$p+q+r=n$$

よって、今回の式で一般項を作って、\(p,q,r\)の値を求めると次のようになります。

 

よって、

$$\begin{eqnarray}\frac{8!}{5!1!2!}x^5y^1 (-3z)^2&=&168\cdot x^5y\cdot 9z^2\\[5pt]&=&1512x^5yz^2\end{eqnarray}$$

係数は\(1512\)となります。

 

答え

$$1512$$

(4)の解説、同じ文字がある場合は?

【問題】

(4)\((x^2+x+1)^8\) [\(x^4\)]

(3)と同じように一般項を作ると、次のようになります。

\(x^4\)にするためには、\(2p+q=4\) になればよいということが分かりました。

更に、\(p+q+r=8\)、\(p≧0,q≧0,r≧0\) であるから

このように、\(p,q,r\)の値を求めます。

今回は\(x^4\)の項が3つ出てくることが分かりましたので、

それらの係数をすべて合わせたものを求めていきましょう。

 

$$\begin{eqnarray}&&\frac{8!}{0!4!4!}x^4+\frac{8!}{1!2!5!}x^4+\frac{8!}{2!0!5!}x^4\\[5pt]&=&70x^4+168x^4+28x^4\\[5pt]&=&266x^4 \end{eqnarray}$$

よって、\(x^4\)の係数は266だと求まりました。

 

答え

$$266$$

 

まとめ!

お疲れ様でした!

(4)はちょっと難しかったかもしれませんね(^^;)

ですが、どの問題においても展開式の一般項を覚えておくことが大事です。

それぞれの形をしっかりと覚えておきましょう。

\((a+b)^n\)の一般項

$${}_n \mathrm{ C }_r a^{n-r}b^r$$

 

\((a+b+c)^n\)の一般項

$$\frac{n!}{p!q!r!}a^pb^qc^r$$

$$p+q+r=n$$

 

高校入試で使える公式集をプレゼント!



 

高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!

 

定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。

学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?

 

無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、

高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。

 

こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!


ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。

 

 

登録は1分もあれば完了します。

ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。