【変化の割合】簡単な求め方は?一次関数、二乗に比例する関数のやり方

変化の割合は、どんな関数においても次のような式で求めることができます。

だけど、一次関数や二次関数(\(y=ax^2\))において

簡単な求め方があります!

今回の記事では、それぞれの簡単な求め方について確認しておきましょう。

【変化の割合】簡単な求め方 一次関数

一次関数\(y=2x+5\)において、\(x\)が1から4まで増加するときの変化の割合を求めなさい。

一次関数の変化の割合は…

傾きと等しい

というのがポイントです。

 

なので、一次関数の式から傾きを読み取ります。

$$y=\color{red}{2}x+5$$

赤字の部分から傾きが2だということが分かります。

 

よって、変化の割合は2ということになります。

一次関数の変化の割合は、傾きと等しい

ということを覚えておけば、簡単ですね(^^)

変化の割合(一次関数)

傾きと等しくなる!

$$y=\color{red}{a}x+b$$

$$a:変化の割合$$

【変化の割合】簡単な求め方 二次関数

二次関数\(y=3x^2\)において、\(x\)が2から4まで増加するときの変化の割合を求めなさい。

二次関数(\(y=ax^2\))の変化の割合は…

\(x\)が\(m\)から\(n\)まで増加するとき

$$\Large{a(m+n)}$$

という式で、簡単に求めることができます。

 

今回の問題であれば

$$\Large{3(2+4)=3\times 6=18}$$

となります。

 

とっても簡単ですね(^^)

なぜ、こんな式で求めることができるのか?

という点については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【変化の割合】二次関数y=ax2の裏ワザ公式?どうやって解くの??

 

変化の割合(二次関数)

二次関数(\(y=ax^2\))の変化の割合は

\(x\)が\(m\)から\(n\)まで増加するとき

$$\Large{a(m+n)}$$

【変化の割合】簡単な求め方は?まとめ!

一次関数、二次関数においては今回紹介したように簡単に求める方法がありました。

しかし、反比例などの関数においては基本通りにそれぞれの増加量を用いて計算する必要があります。

 

今回のような簡単に求める方法だけを覚えるのではなく

こちらの公式を使った解き方についても理解しておきましょう!

【関数】変化の割合の求め方って?公式などをまとめておくよ!

高校入試で使える公式集をプレゼント!


 
高校入試で使える公式をまとめた教材を作成しました!
 
定期テスト、入試で高得点を取るためには絶対に知っておきたいものばかりを集めています。
学校では教えてくれないような公式もありますよ(/・ω・)/

これは知らないと損をするかも…!?
 
無料の中学生メルマガ講座にご登録いただいた方に、
高校入試で使える公式集をプレゼントさせていただいております。
 
こちらから公式集を無料で手に入れちゃってください!

ご登録いただいたメールアドレスに教材を送らせていただきます。
 
 
中学生メルマガ講座では、今回のプレゼントのほか
  • オリジナルの入試教材
  • 入試問題の詳しい解説データ
  • ZOOMを使った個別指導


などのプレゼント企画をやっております。
 
登録は1分もあれば完了します。
ぜひ、こちらから中学生メルマガ講座に登録してみてくださいね(^^)




数スタの運営をしている小田です。
数学の指導歴11年。最近ではオンラインで個別指導をさせてもらっています。  >> 詳しいプロフォールはこちら
数学のニガテを一緒に解決しよう!イチから丁寧に解説するぞ!をモットーに数スタのサイトを作成しました。おかげさまで月30万人の方にご利用いただいております(^^)

【無料のメルマガ講座】
より詳しい学習解説、限定コンテンツの配信、個別指導のプレゼントなどを行っています。
メルマガ講座

【YouTubeチャンネル】
数学の基礎を丁寧に解説しています! ⇒ 数スタチャンネル

【LINE登録】
メッセージはLINEで受け付けてます(/・ω・)/ ⇒LINE登録





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。