数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

問題で解説!逆裏対偶の作り方と意味は??

高校数学で学習する「逆・裏・対偶」の作り方について

問題を使って具体的に解説していきます。

逆の作り方

逆とは、仮定と結論を入れかえたものです。

【問題】

次の命題の逆を述べなさい。

\(x=3\) ならば、\(x^2=9\)である。

逆の作り方は簡単!

仮定と結論をひっくり返すだけでOKです。

よって

$$【逆】x^2=9 ならば、x=3である。\cdots(解)$$

となります。

 

ちなみに、元の命題は真でしたが、逆は偽になっています。

このように、逆を作った場合

必ずしも元の命題と真偽が一致するわけではありません。

裏の作り方

裏とは、仮定と結論を否定の形にしたものです。

その名の通り、仮定と結論の条件を裏返したものです。

 

ここでポイントとなるのが、否定の作り方です。

いくつか確認しておきましょう。

【否定の作り方】

  • 「である」の否定は「でない」

\(x\)は3の倍数であるの否定 ⇒ \(x\)は3の倍数でない。

\(x\)は偶数であるの否定 ⇒ \(x\)は奇数である。

※偶数⇔奇数のように反対の意味を表す語がある場合には利用する。

 

  • 「\(=\)」の否定は「\(\neq\)」にする。

\(x=3\)の否定 ⇒ \(x\neq 3\)

 

  • 不等号の否定は逆にする。

\(x>3\)の否定 ⇒ \(x≦3\)

不等号の向きを逆、イコールがなければつける。

 

  • 「かつ」⇔「または」

\(x=2\) かつ \(y=3\)の否定 ⇒ \(x\neq 2\) または \(y\neq 3\)

それぞれの条件の否定を作り、「かつ」を「または」に変える。

 

では、否定の作り方を確認したところで

裏の作り方について問題を見ていきましょう。

【問題】

次の命題の裏を述べなさい。

\(x+y>3\) ならば、\(x>2\)または\(y>1\)である。

まず、仮定と結論の否定を考えましょう。

\(x+y>3\)の否定は、\(x+y≦3\)

\(x>2\)または\(y>1\)の否定は、\(x≦2\)かつ\(y≦1\)

 

よって、

$$【裏】x+y≦3 ならば、x≦2かつy≦1である。\cdots(解)$$

となります。

スポンサーリンク

対偶の作り方

対偶とは、仮定と結論の否定をひっくり返したものです。

つまり、逆を裏にしたものです。

裏を逆にしたものとも考えれますが、どちらでもよいです。

 

対偶を扱う上で絶対に覚えておきたい特徴があります。

それは…

命題の真偽と対偶の真偽は一致する。

ということです。

 

命題の真偽が判断しにくい場合には、対偶を作り

その対偶の真偽を調べることによって

もとの命題の真偽を求めるということもできます。

 

【問題】

次の命題の裏を述べなさい。

\(a\neq 0\)または\(b\neq 0\) ならば、\(ab\neq 0\)である。

対偶とは、逆を裏にしたものですから

まずは逆の形を作りましょう。

$$ab\neq 0ならば、a\neq 0またはb\neq 0である。$$

では、これを裏にすることによって対偶の完成となります。

$$【対偶】ab =0ならば、a= 0かつb= 0である。\cdots(解)$$

 

ちなみに、この対偶は反例\(a=1, b=0\) によって偽となりますので

もとの命題も偽ということになります。

まとめ!

問題などで出題される場合には対偶を問われることがほとんどです。

対偶は命題と真偽が一致することから

証明問題に利用されることもあります。

 

それだけ対偶には使い道があるということなので

しっかりと作り方を覚えておきたいですね!

スポンサーリンク

 

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額1980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。