【3分でサクッと理解!】必要十分条件の意味、覚え方をイチから解説!




高校数学で学習する「必要十分条件」ってなんなの?

あんまり意味が分かっていないかも…という方が多いです。

この記事にたどり着いた方もそんな悩みを抱いた1人なのでしょう。

 

というわけで、今回の記事では難しい話は抜きで

必要十分条件についてサクッと理解してもらいます。

十分条件とは

命題「\(p \rightarrow q\)」が真のとき

\(p\)は\(q\)であるための十分条件という。

では、十分条件とはどういうイメージなのか具体例で考えてみましょう。

「\(p\)」大阪に住んでいる。

「\(q\)」日本に住んでいる。

という2つの条件で考えると、このような関係性になっています。

つまり、条件\(p\)(大阪に住む)は条件\(q\)(日本に住む)の中にすっぽり入っていることになります。

だって大阪に住んでいるってことは、日本にも住んでることになるもんね。

 

このとき、すっぽり入り込んでいる\(p\)(大阪に住む)という条件に注目すると

これを十分条件といいます。

 

大阪に住む(\(p\))ってことは、十分に日本にも住んでる(\(q\))ことになるよね。

って考えてみると分かりやすいかもしれませんね。

 

注目している条件が、もう一方の条件にすっぽりと入れることができるかどうか。

これが十分条件だね。

 

【例】

\(a=1\)は、\(a>0\)であるための十分条件である。

\(a=1\)という条件は、すっぽりと\(a>0\)の中に入れることができるよね。

入れることができるんだから十分条件だってことだよ。

 

必要条件とは

命題「\(p \rightarrow q\)」が真のとき

\(q\)は\(p\)であるための必要条件という。

 

先ほどと同じ条件で考えてみましょう。

「\(p\)」大阪に住んでいる。

「\(q\)」日本に住んでいる。

 

このとき、\(p\)を包み込んでいる\(q\)(日本に住む)という条件に注目すると

これを必要条件といいます。

 

日本に住む(\(p\))ってことは、大阪に住む(\(q\))ためには必要なこと。

ってイメージしておくといいね!

 

注目している条件が、もう一方の条件をすべて受け止めることができるかどうか。

これが必要条件だね。

 

【例】

\(a>0\)は、\(a=1\)であるための必要条件である。

\(a>0\)という条件は、\(a=1\)を受け止めることができます。

すべて受け止めることができるなら必要条件ってことだね。

 

必要十分条件とは

命題「\(p \rightarrow q\)」「\(q \rightarrow p\)」がそれぞれ真のとき

\(p\)は\(q\)であるための必要十分条件という。

 

必要条件、十分条件それぞれを満たす場合には

あわせて必要十分条件といいますよーって話だね。

 

ここからは数学の問題を例にしながら確認していきましょう。

次の☐内に「必要」「十分」「必要十分」のうち適するものを入れよ。

\(x=3\)は、\(x^2=9\)であるための☐条件

\(x=3\)という条件を\(x^2=9\)の中に入れることができれば十分条件。

\(x=3\)という条件が\(x^2=9\)をすべて受け止めることができれば必要条件。

どちらも満たせば必要十分条件ということになります。

 

まず、\(x^2=9\)が\(x=3,-3\)を表しているということを明らかにしておくと考えやすくなりますね。

するとこんな感じです。

 

つまり、答えは十分条件ということになります。

 

このように、「入れれるか(十分)」「受け止めれるか(必要)」をそれぞれ調べることによって、どんな条件になるのかを求めることができます。

次のことをイメージして覚えておくと良いでしょう。

まとめ!

必要十分条件の仕組みは理解してもらえましたでしょうか?

仕組みが分かったら、あとは練習問題を解きながら

出題パターンを知り、知識をつけていきましょう。

 

出題される問題には一定の傾向があるので

それを掴んでしまえば簡単に解けるようになりますよ(^^)

まぁ、それを掴むためにはひたすら練習あるのみなんだけどね。

ファイトだぞ(/・ω・)/

 

 

【中3受験生へ】この力を身につけたら本番で60点は楽勝にとれる!


頑張っているのに思うように成績が上がらず、
「このままだと本番で数学60点が厳しいかも…」
と不安に感じているあなた。

もしかして、
このような問題に直面していませんか?
  • 模試になると点がガクッと落ちる
  • 復習のやり方が分からない
  • 勉強してもすぐに忘れる
  • 凡ミスが直らない
  • 家だと集中して勉強できない
  • 問題集を買っても、1人で解けなくて途中でやめてしまう
  • 友人が点を伸ばしていて焦る
  • 頑張りたいから何をすればいいか教えて欲しい

僕が2年前に指導させてもらった中3のAくん
彼がまさにこのような状態でした。
 
すごく勉強したのに試験の結果が36点…
 
「どうすればいいか分からない…」
「点を上げれる自信がない…」
 
自信をなくし落ち込んでいましたが、
ある勉強方法を取り入れたことによって
Aくんは大変身!
 
なんと、たった2ヶ月で
36点 ⇒ 72点
なんと、驚きの36点UPを達成!

 
何をやっても点が伸びなかったAくん
彼を大変身させた「ある勉強方法」とは、
たったの5分で取り組める簡単なものです。
 
この勉強法を活用した人は、

 

43点 ⇒ 69点



67点 ⇒ 94点



人生初の100点!



 
このように次々と良い結果を報告してくれています^^
 
Aくんを大変身させた「ある勉強法」を
あなたにも活用してもらい
今すぐにでも結果を出して欲しいです。
 
そこで!
ある勉強法が正しく身につくように、
3つのワークを用意しました。
 
こちらのメルマガ講座の中で、
順にお渡ししていくので1つずつ取り組み、
やればやっただけ点が伸びていく感覚を掴んでくださいね!
 
もちろんメルマガ講座の登録は無料!
いますぐワークを受け取っておきましょう('◇')ゞ

     
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。