【大学受験のコーチング】自分専用のコーチを手に入れる4つの方法!

大学受験ってすっごく大変!

家族のサポートがなくては、やはり上手くいくのは難しいモノです。

 

しかし、子どものサポートをしてあげたいと思っても…

何をどうしたらいいのか分からない…

というのが多くの方の本音だと思います。

そもそも親が口出ししてしまうと

些細なことでケンカになってしまう。

という方も多いようです。

 

こんなときに

子どもの大学受験を親身にサポートしてくれるコーチがいてくれればいいのになぁ…

なんてこと考えたことはありませんか?

  • やるべきことを明確にしてくれる
  • 志望校別の対策を提示してくれる
  • やる気を引き出させてくれる

こういったことを全部やってくれるコーチがいたら最高ですよね。

 

 

だけど、そもそも学習コーチなんて存在するのか?

スポーツなら分かるけども…

 

 

 

コーチいますよ!

実は、大学受験を大成功させた方の多くは

自分専用の学習コーチを持っていたりするわけなんです。

 

え?どうやってそんなもの手に入れてんの?

というわけで

今回の記事では、大学受験のサポートをしてくれる学習コーチを手に入れる方法について解説していきます。

ゲットしちゃいましょ!

スポンサーリンク

コーチ① 親がコーチする

これはあまり現実的な方法ではないのですが…

親が子どもの大学受験をサポートするコーチ役をやるという選択肢があります。

 

やはり、子どものことを一番理解しているのは親だと思います。

そのため、その子にあった学習カリキュラムを組んだり、コミュニケーションからやる気を引き出すことに関してはプロ級の力を持っていることでしょう。

 

また、子どもも親がコーチをしてくれるということから信頼感を持って学習に取り組むことができます。

費用だってかかりませんからね!

親御さんは、最高なコーチになれると思います。

 

 

しかし、親御さんが受験のサポートを行うということは、受験に対する豊富な知識が必要となります。

ご自身が受験を経験されてきた場合であっても、今と昔では受験の仕組みも違いますし問題の傾向なども変わってきています。

昔の知識と経験だけでは、今の子どもたちをコーチングするのは難しいでしょう。

 

そのため、子どもさんが受験勉強を頑張るのと同時に親御さんもまた同時に勉強が必要となってきます。

これは、かなりの負担になってしまうことでしょうから

あまりおススメできる方法ではありません。

 

コーチ② 家庭教師を雇う

次に、家庭教師の先生を雇うことでコーチをつけるという方法があります。

受験のプロである家庭教師の先生を雇い

子どもの学力にあった学習指導や志望校対策を行ってもらうという方法です。

 

学校の授業とは違い

1対1の対面で授業を行うため、より子どもの学力にあった個別指導を行ってくれます。

更には、対面で会話を重視した指導になるため学習面だけでなく、メンタルケアなども期待できます。

そのため、先生というよりも

学習コーチという名に相応しいだけの働きを期待することができます。

 

しかし、家庭教師を雇うとなると…

ちょっと費用が気になるところですね。

大学受験のプロ講師を家庭教師につけると

週1回の授業であっても、月4~5万円ほどかかってしまうようです。

 

それによく考えてみてください。

人生を大きく左右するかもしれない大学受験に対し

コーチがついて指導してくれるのが、たったの週に1回だけ!

これでは不安で仕方ありません。

できれば、毎日でもついてしっかりと指導してもらいたいです。

 

そうなってくると、家庭教師の費用は恐ろしく跳ね上がってしまいます。

とても、現実的な金額ではなくなってしまう訳です。

 

 

しかし、週1回だけの指導で十分です!

という方にとっては、家庭教師を雇うことで自分専用のコーチをゲットするという方法はおススメかもしれません。

スポンサーリンク

コーチ③ 個別指導塾の講師

個別指導塾の講師をコーチにつけるという方法があります。

家庭教師に比べ、個別指導塾の方が費用が安価になります。

そのため、コーチングをお願いできる日数というのは格段にアップします。

 

週1回の通塾であれば、費用の相場は1万~2万円といったところでしょう。

個別指導も対面での授業となるため、自分の学力にあったカリキュラムで適切な指導を提供してくれます。

また、コミュニケーションが上手な先生が多いのでモチベーションアップにつながることも期待できます。

 

更には、塾の教室には同じく大学受験を頑張っている生徒たちが大勢いるので競争心が煽られ良い効果がもたらされます。

 

 

しかし、個別指導でコーチをゲットする方法にもデメリットはありあす。

講師が変更になることがある。

という点です。

 

個別指導の塾では、塾側の都合により

途中で担当講師を変更してしまうことがあります。

そうなってくると、子どもからすると

新しいコーチと1から信頼を築く必要があり負担が大きいものとなってしまいます。

 

やはりゴールまで同じコーチであることが望ましいでしょう。

しかし、それが叶わないこともあるというのが個別指導塾でのデメリットとなります。

 

コーチ④ スタディサプリの合格特訓プラン

実はかなりおススメな方法がこちらになります。

スタディサプリの合格特訓プランを利用する!

ということです。

 

スタディサプリという学習アプリは多くの人が存じ上げていると思います。

今では、学校でも利用されていたりして学生たちの第2の教科書ともなりつつある学習支援アプリです。

 

そのスタディサプリの受講プランの中に

『合格特訓コース』

というコースが存在します。

詳しくはこちらの記事で解説をつけているのでご参考いただければと思います(^^)

スタディサプリの合格特訓プランを塾講師の目線で評価する

 

こちらのプランを受講することで

なんと!

自分専用のコーチを雇うことができるのです。

 

 

そのコーチとは…

難関大学の受験をクリアしてきて受験のプロたち!

 

更には、現役大学生ということもあり

最近の受験事情にももの凄く詳しい。

子どもとの年齢が近いこともあり

すごく親しみやすく悩みも共有しやすい最強のコーチです。

 

 

更にコーチは以下のことをサポートしれくれます。

  • 学習プランを組んでくれる
  • 学習アドバイスをくれる
  • 何度でも質問対応してくれる

 

そして、実際にスタディサプリのコーチを利用した人は

このように成果をあげているようです。

素晴らしい結果ですね!

 

そして、上の成果を見てもらうと分かるようにですね

スタディサプリでは全教科をサポートしてもらえるのです。

 

これは異常なことですよ!

家庭教師や個別指導で、複数教科をお願いする場合には費用が3倍、4倍とかになってしまいます(^^;

とても現実的ではありません。

 

 

しかし、スタディサプリの合格特訓プランでは

5教科のサポートと自分専用のコーチを雇うことができ

費用は月9,800円となります。

 

これで自分専用のコーチが雇えるなんて…

マジで破格の値段ですw

 

スタディサプリの合格特訓コースがどんなものなのかについては、一度体験してみることをおススメします。

 

 

まとめ

大学受験のサポートをしてくれうコーチの手に入れ方について説明しました。

おススメ順としては

  1. スタディサプリの合格特訓プラン
  2. 家庭教師
  3. 個別指導の講師
  4. 親御さんがやる
といった感じでしょうか。

費用やサポート面において、スタディサプリが群を抜いて素晴らしいです。

 

しかし、スタディサプリは映像授業がメインとなるため

そこに関しては、子どもによって向き不向きがあるのは仕方ありません。

その場合には、家庭教師や個別指導を考えていけば良いかなと思います。

 

ウチの子どもはコーチなんてつけなくても

自分で考えて学習できる!

という場合には、どのパターンも必要ないということになります。

ですが、初めての大学受験って

不安の塊ですからね

 

そんなときに相談できる相手がいるだけでも全然違うもんですよ

ぜひ、気になった方法がありましたらお試しいただければと思います(^^)

 

 



夏休みをどのように過ごすかで

あなたのレベルは大きく左右されます。

 

夏休みは頑張るぞ!

という方はこちらの記事を参考にしてみてください(^^)

【中1数学】夏休みにやる勉強とは?2学期に苦労しないためには…

2018.07.14

【中2数学】夏休みにやるべき勉強とは?2学期の強敵に備えろ!

2018.07.14

【中3数学】夏休みにやるべき勉強とは?塾講師がアドバイス!

2018.07.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。