数スタ運営部

数スタの公式LINEを開設しました!

友だち追加

 

数スタのオンラインショップ開設!

⇒ 数スタ STORE

中3受験生向けの演習課題を無料配布中!

【Word作成】不等式の範囲を数直線を使って塗りつぶしする方法

数学の教材を作成するときに1番困るのが図や表の作成ですよね。

 

不等式の範囲を数直線を使って表す場合

こんな感じ。

どのような手順で図を作成すればよいのか?

いろいろと情報を調べてみて、なんとか自分なりに作成することができました。

私は基本的にワードを使って図や表を作成していますので今回は、ワードを使って不等式の範囲を表す手順を紹介いたします。

 

独学でやっているので独自色が強いかもしれません(^^;

使えそうな部分だけ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

数直線と範囲の作り方

完成図はこんな感じ。

これを作るまでの手順を説明していきます。

数直線を作る

まずは数直線を作りましょう。

ワードの挿入タブから「図形」を選んで、その中の矢印線を選びましょう。

 

すると、このように矢印の線を作ることができます。

これを数直線として考えていきます。

 

線の太さや色、矢印の大きさなどを変更したい場合には、図形を右クリックして「図形の書式設定」を選びましょう。

ここから自由に変更ができますので自身の好みによって変更してください。

矢印が不要な場合には、普通の線を挿入すればOKです^^

黒丸、白丸を作る

数直線の土台ができたので、次は白丸と黒丸を作りましょう。

図形挿入から「円/楕円」を選びます。

 

すると、このように円を作ることができます。

ここから円の大きさや色や塗りつぶし設定を行うことで白丸、黒丸が完成します。

図形を選択して、右クリックすると線の色や塗りつぶし設定を行うことができます。

 

枠線を黒、塗りつぶしを黒に設定すると黒丸が完成。

枠線を黒、塗りつぶしを白に設定すると白丸が完成します。

 

 

あれ?

白丸と数直線が被ってしまうぞ…

という方は、白丸を最前面に持ってくると解決しますよ^^

図形には、前後の位置関係があるので、このように線が重なってしまう場合があります。

このような場合には、図形の前後関係を変更してやれば解決します。

範囲の線を作る

次は範囲を表す線を作っていきましょう。

図形挿入から「正方形/長方形」を選びます。

 

四角形が作れたら、先ほどの丸を作ったときとと同様に線と塗りつぶし設定を行います。

線は黒色、塗りつぶしは白にするとこのような図形ができあがります。

 

この四角形を数直線上に置くと

このように完成に近づきましたが、邪魔な部分がありますね><

 

では、邪魔な線を消しましょう!

ちょっと面倒なので、よく見ておいてください。

 

まずは四角形を選んで右クリック、「頂点の編集」という項目を選びます。

 

次に、消したい線分の両端をクリックします。

 

そして、消したい線分上を右クリックすると「線分を削除」という項目があるので、それを選択します。

 

 

すると、線分が消えます!

ちょっと図形がずれてしまいますが、そこは自身で修正をしておきましょう。

 

 

白丸バージョンは、先ほど作ったものを利用します。

右クリック、「頂点の編集」から図形の左上の頂点を右にずらしてやると

このように白丸バージョンの範囲も完成します。

範囲の塗りつぶし方法

最後に範囲の塗りつぶしですね。

先ほど作った範囲を選択して、右クリックからの書式設定を選びます。

そこから、塗りつぶし(パターン)を選ぶと上の画像のようにいろんなパターンの塗りつぶしができます。

私は斜線が一番好きです^^

 

あとは、テキストボックスなどを使って数字を置いていけば数直線の範囲完成ですね!

スポンサーリンク

共通範囲を塗りつぶす方法

次に、共通範囲を塗りつぶす方法について説明していきます。

上で説明してきたようにすれば、このように二つの範囲を作ることはOKですよね。

ここから共通範囲を塗りつぶすためには、もう一つ塗りつぶし専用の範囲を作ります。

(かなり原始的なやり方になります。汗)

 

そして、この塗りつぶし専用の範囲を共通範囲に重ねていきます。

塗りつぶし専用の範囲は、線の色を無くしておいて方が良いです。

 

重ねたときにズレがあれば

頂点の編集から、ズレを編集してやればOKです。

 

これで完成!!

 

共通範囲を塗りつぶすときには、もう一つの範囲を用意してあげるのがポイントです。

形が合わないときには、頂点の編集を行うことで自由に形を変えることができますよ^^

まとめ

以上が、不等式の範囲を数直線で表す方法でした!

かなり独自のやり方だと思うので、参考にならない部分もあるかもしれません。

ですが、少しでも読者様のお役に立てることを願っております。

 

もっと簡単に作成する方法が見つかったら随時、追記してお知らせさせていただきます^^

スポンサーリンク

効率よく学習を進めていきたい方は必見!

この記事を通して、学習していただいた方の中には


もっといろんな単元の学習を進めていきたい!

という素晴らしい学習意欲を持っておられる方もいる事でしょう。

だけど

どこの単元を学習すればよいのだろうか。

何を使って学習すればよいのだろうか。

勉強を頑張りたいけど 何をしたらよいか悩んでしまって

手が止まってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

そんなあなたには

スタディサプリを使うことをおススメします。

スタディサプリを使うことで

どの単元を学習すればよいのか 何を解けばよいのか

そういった悩みを全て解決することができます。

スタディサプリでは学習レベルに合わせて授業を進めることが出来るほか、たくさんの問題演習も行えるようになっています。

スタディサプリが提供するカリキュラム通りに学習を進めていくことで

何をしたらよいのか分からない…

といったムダな悩みに時間を割くことなく

ひたすら学習に打ち込むことができるようになります(^^)

また、スタディサプリにはこのようなたくさんのメリットがあります。

スタディサプリ 7つのメリット
  1. 費用が安い!月額980円で全教科全講義が見放題です。
  2. 基礎から応用まで各レベルに合わせた講義が受けれる
  3. 教科書に対応!それぞれの教科に沿って学習を進めることができる
  4. いつでもどこでも受講できる。時間や場所を選ばず受講できます。
  5. プロ講師の授業はていねいで分かりやすい!
  6. 都道府県別の受験対策もバッチリ!
  7. 合わないと感じれば、すぐに解約できる。
スタディサプリを活用することによって

今までの悩みを解決し、効率よく学習を進めていきましょう。

「最近、成績が上がってきてるけど塾でも通い始めたの?」

「どんなテキスト使ってるのか教えて!」

「勉強教えてーー!!」

スタディサプリを活用することで どんどん成績が上がり

友達から羨ましがられることでしょう(^^)

今まで通りの学習方法に不満のない方は、スタディサプリを使わなくても良いのですが

学習の成果を高めて、効率よく成績を上げていきたい方

是非、スタディサプリを活用してみてください。

スタディサプリでは、14日間の無料体験を受けることができます。

まずは無料体験受講をしてみましょう!

⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

スタディサプリ小・中学講座

スタディサプリ高校講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。