【塾講師語る】スタディサプリをおすすめしたい4つの理由

どーも、こんにちは!

スタディサプリって知ってる?

この記事に辿り着いたということは、多くの方は既にご存知だと思うのですが簡単に説明しておくよ!

こちらの紹介動画をご覧いただければ、一発でご理解いただけますね。

まぁ、要するに…

勉強で悩むあなたをサポートする

神コンテンツ!

なのです。

 

なぜ、私がこんなに声を大にしてスタディサプリをおすすめしたいと思っているのか。

それには私が体験した学生時代のニガーイ過去が関係しています。

そして、塾講師としての立場から考える部分も大きいです。

 

私が体験した苦い過去とは…

その上でスタディサプリを推したい想いとは…

少し長くなるかもしれませんが語っていきます。

お付き合いくださいませ(/・ω・)/

スポンサーリンク

学生時代の苦い経験

高校1年の春

やっとの想いで入学したのは、地元の進学校だった。

 

真新しい制服に袖を通し

「高校では、何か新しいことをしたい」

漠然とした期待と不安に心躍らせながら新たな学校生活をスタートさせたことを覚えている。

 

新しいことをする!

その言葉通り、僕は経験が全くないにも関わらず野球部に入部することになる。

進学校の野球部だから、初心者であってもついて行けるだろう。

野球の経験が無いといっても、友人からは専ら

「アイツは野球が上手い」と、評判だった。

だから、どこかしらに謎の自信を抱いていた。

 

さぁ、やってやるぞ!

 

僕の高校生活は幕をあけた。

 

現実は甘くない

進学校の野球部を舐めていた僕は大きな衝撃を受けることになる。

授業が始まる前に行われる朝練習

これはどこの部活でも行われるものなのだけれども、野球部は一味違った。

 

朝の5:30に集合せよ

 

日が昇らない暗闇の中

眠たい目をこすりながら、早朝から学校へと通学することになった。

 

更に、放課後の練習

他の部活動は19時頃には下校を始めるものの

野球部はやはり一味違う

下校時間は22時を回ることもあった。

 

家に帰れば、気絶するように眠り

気が付けば朝、暗闇の中を学校へ向かい歩いていた。

 

 

そんな毎日が待っていた。

当然、こんな日々を過ごしていれば勉強なんて手につくはずがなかった。

入学時のテストで、100点を取り鼻高々にしていた成績も徐々に下がる。

終いには赤点を取ってしまうほどになっていた。

しかし、こんな状況になっても先生たちに怒られることはなかった。

 

むしろだ

「野球部はいつも練習がんばっててエライね!」

「宿題は期限を過ぎても良いから出せるときにお願いね」

そういった声をかけられるようになった。

 

なぜだか、野球部という存在は学校の中では特別なモノとして扱われているらしかった。

 

そのことは次第に僕の弱い心を蝕んでいく。

「野球部はエライ」

「勉強ができなくても仕方ない」

「だって、部活がんばっているんだから」

 

成績が落ちていく

僕は目の前にある現実に蓋をしてしまい、目を背けてしまった。

 

残ったもの

高3の夏

僕は野球部として3年間やり通した。

最後の大会にはレギュラーになるどころか、ベンチ入りすることすら許されず。

結果として、最後の瞬間をスタンドの応援席で迎えることとなった。

しかし、悔いはなかった。

初心者として野球部に入部し、苦労することも人一倍多かったけれど、そこで得られたものは大きかったからだ。

 

こうして、僕は野球部を引退した。

 

野球部はエライ

勉強ができなくても仕方ない

 

大人たちから与えられる都合の良い環境に甘えてきたのだけれど。

野球部を引退したことで、状況が一変した。

 

 

野球部という看板を失った僕に残されたモノ

それは…

勉強ができない落ちこぼれ

というものだった。

 

 

他の部活動に励んでいた友人たちは、とっくに受験モードに気持ちを切り替えていた。

塾や予備校に通い、放課後には補習に参加する。

その成果は徐々に表れ始め、成績も上向いてきているようだった。

 

 

その頃、僕はというと…

900点満点のセンター試験を想定した模擬試験を受けたところ

結果として300点も取れなかった。

 

これは…

大学に行きたいとか言っていいレベルではなかった。

しかも、実力で解けた問題はほとんどなく、選択問題を勘で正解しただけだった。

実質は0点に近かった。

 

 

進路について真剣に考えたことはなく

きっと大学に行くんだろうな

と、ただ漠然と考えていた。

 

しかし、それが不可能かもしれないという事実を突きつけられ絶望した。

僕は高卒になるかもしれない。

 

 

塾に行くしかない。

決断した。

塾で得たもの、その代償

学校で勉強していても内容についていくことができない。

高1内容からやり直す必要があった。

 

そのため、学習塾を頼った。

高3の夏、残された期間は半年

時間がなかった。

 

高校内容を1から学び直したい、それも早急に!

 

そんな願いを叶えてくれたのが

塾が提供している映像授業でした。

 

映像授業は1日に何回でも受講することができ、更には毎日進めていくことができる。

だから、僕のように半年で3年間分の遅れを取りも出さなければならない生徒にとってはうってつけだった。

 

更には、プロ講師が授業を担当しているということもあり、指導内容がものすごく分かりやすかった。

学校で何度聞いても理解できなかったところが、一発で頭に入ってくる。

 

これはスゴイ!

毎日、感動の連続だったことを覚えている。

 

こうして、映像授業との出会いをきっかけに僕は少しずつ遅れを取り戻していった。

 

 

 

今では映像授業というものは、一般的に珍しいものではなくなってきています。

冒頭でご紹介したスタディサプリも映像授業という括りのものになるよね。

 

だけどね、僕が学生だった当時は映像授業というもののは珍しかった。

その為、単価がものすごく高かったのだ。

 

当時の記憶なので少しあいまいな部分もあるかもしれないけど、大体こんな感じだ。

英語文法基礎講座 20回分

5万円

英語文法センター講座 20回分

5万円

英語長文基礎編 20回分

5万円

 

とまぁ、こんな感じで1単元ごとに5万円が課金されていくような感じ。

僕の場合、1から3年間分の学習を進めていかねばならなかったので受講すべき講座が盛りだくさん。

その分、課金額も跳ね上がっていった。

 

大人になった今、それらの金額を計算しようとすると、あまりの高額に手が震えてしまう…

軽く〇十万の単位でお金が動いていたことだろう。

何も言わず黙って支払いをしてくれた両親には感謝しかない…

 

1月センター試験

とにかく映像授業を見た。

画面に穴が開くほどに見たのではないだろうか。

講師が時たま話す雑談の内容も完全に覚えてしまったし、講師の口癖が自分に移ってしまうほど。

それくらいに映像授業を使い倒した。

 

 

そうして迎えた1月のセンター試験

初めは300点も取ることができなかったポンコツ学生は、本番ではその2倍以上の600点台の点数を取ることができました。

 

そして、志望していた国立大学に進むことができたのである。

ポンコツ学生だった僕ではありますが

映像授業に出会えたことでギリギリのところで何とか軌道修正に成功

無事に大学進学をすることができました。

 

 

センター試験で600点台というのは決して高い点数ではありません。

だから、もっと点数を取りたいという志の高い方には、僕の話は響かないかもしれません。

しかし、以前の僕のように300点も取れず何をやっていいのか分からない…

そんな方にとっては一つの救いになるお話だったのではないかと思います。

 

映像授業との出会いが僕の人生を少しだけ豊かに変えてくれた。

そんな過去のお話でした。

 

スタディサプリのおすすめポイント

時は流れ、現在ではインターネットも発展

誰でも簡単に、そして安価に映像授業が受けられる時代へと変化してきました。

 

当時は映像授業を受講するためには、授業が撮影されているビデオテープを貸し出してもらって見てたからね。

自分が見ようと思っていた授業が、他の誰かに貸し出されていて見れない。という状況も度々ありました。

懐かしい時代ですw

 

そして、現在

映像授業を代表するサービスというのが冒頭でも述べた

スタディサプリなのです。

 

次は、このスタディサプリをおすすめしたい理由について語っていきます。

安い!

安すぎる!

上でお話しましたが、僕は当時、映像授業を受講するために〇十万円の費用をかけています。

めちゃめちゃ高額ではありますが、おバカな僕が1発逆転して成績を伸ばすためにはそれくらいの費用は仕方ないと諦めていたところはありました。

 

しかし…

このスタディサプリでは

月額980円!

 

おい、マジか!

(~_~;)

 

どうせ、教科を増やしたり

基礎や応用など、それぞれのレベル別講義を受けたければ課金されるんでしょ?

 

いいえ

全学年の全教科、全講座

すべてコミコミの980円

 

月に980円を支払えば、それ以上の支払いはなく

すべてのコンテンツを利用し放題ということになります。

はい、最強!

 

 

というか悔しい。

なぜ、僕の学生時代にスタディサプリが存在していなかったのか。

これによって、どれだけの費用を抑えることができたか…

考えると吐きそうになるわ(+_+)

 

 

分かりやすい!

授業が分かりやすい!

これは映像授業を選ぶときに一番大事なポイントになります。

いくら費用が安くても、全然理解できませんけど…

これでは意味がありませんよね。

 

だけど、スタディサプリは心配ありません。

超分かりやすい!

 

知識を丸暗記させるのではなく、本質から理解できるよう指導してくれます。

だから、一度聞いたことが頭から離れない。

だから、成績が上がっていきます。

 

 

実際に、塾講師の人たちもね

スタディサプリを受講して授業のやり方を学んだり知識をインプットしています。

塾講師の教科書としても使われるようになってきたスタディサプリ。

これ以上に分かりやすいと言われる映像授業を探すのは困難ですよ。

 

講座が豊富!

レベルに合わせた講座の種類が豊富!

 

中学生であれば教科書別に講座が用意されているし、都道府県別の入試対策講座も用意されています。

高校生にも難易度別に講座が用意されており、基礎から学びたい方から難関大を目指す方まで、様々なレベルに応じた講座を受講することができます。

ほんっといろんな生徒さんを満足させるだけの講座が用意されています。

 

参考書を買って勉強するときでも、難易度によって何冊もの教材を購入する必要があります。

しかし、スタディサプリでは月980円で全てが解決します。

 

どこでも、いつでも受講できる

スマホが普及している現在

ネット環境さえあれば、どこでも映像授業を受講することができます。

 

当時、時間がなくて焦っていた僕は思っていました。

お風呂、トイレ、食事

この時間が無駄だ!

これらの時間に映像授業を受講したい。

 

しかし、当時は叶わない願いでした。

 

ですが、今ではそれが可能なのです。

スタディサプリのアプリをスマホに入れておけば、いとも簡単に受講ができます。

また、倍速再生にも対応しているのでインプット時間を時短してくれます。

素晴らしい技術ですね。

 

なんで当時それが叶わなかったのか…

マジで悔しい。

 

 

まとめ

成績が伸びない。

このままでは進学が危ういかもしれない。

何とかしたいんだ!

だけど、どうすればいいんだ!!

 

そんな方におススメなのがスタディサプリです。

  • 安い!
  • 分かりやすい!
  • 講座が豊富!
  • いつでもどこでも!

素晴らしい点がてんこ盛りです。

 

当時、バカ高い費用を払ってでも

なんとか成績を伸ばして、自分の道を切り開いた男がいるんだから

こんなにも素晴らしい教育コンテンツに恵まれている現在

勉強ができない

成績が上がらない

これは甘えでしかありませんよ

悩んでいる暇があったら

まずは、スタディサプリをやってみろ!

って話ですね(^^)

 

夏休みをどのように過ごすかで

あなたのレベルは大きく左右されます。

 

夏休みは頑張るぞ!

という方はこちらの記事を参考にしてみてください(^^)

【中1数学】夏休みにやる勉強とは?2学期に苦労しないためには…

2018.07.14

【中2数学】夏休みにやるべき勉強とは?2学期の強敵に備えろ!

2018.07.14

【中3数学】夏休みにやるべき勉強とは?塾講師がアドバイス!

2018.07.14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。